スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

キャベツとレタス

2005.03.06
キャベツっていかにも軽そうなイメージありますよね。だってキャベですよ、キャベ。しかも最後にツ。サクサクして空飛んでそうな感じです。
レタスって言うとちょっと重々しい感じで、音のつながりが詰まってる。一文字一文字が分解できない。

今までこんなイメージを持っていたせいで、キャベツのことをレタス、レタスのことをキャベツと思っていました。
違ってたんですね。ロールキャベツとかは普通にキャベツのイメージだったのに。
正直キャベツのことをキャベツとは認めたくないです。逆と知った今でも、キャベツを見てお前レタスだろと思います。
名前と中身は忠実な方がいい。だって「加護愛」で出てきたのがごつい親父だったら普通戸惑うでしょ?

・・・こういう風に母に言ったら馬鹿扱いされました。
キャベツはキャベツだそうです。畜生。

2005.03.05
パソコンを漁ってたら、高1のときに書いた小説を見つけました。
たぶん世にも奇妙な物語みたいなのを目指して手抜きしたんでしょう。
阿倍公房に片足突っ込みつつ、筒井康隆に夢中になっていた時代でした。
久しぶりに読んでみたらナチュラルに意味不明です。
うーん・・・私の高校時代って・・・ 続きを読む

四旬節第4主日

2005.03.05
幼児洗礼式がありました。
連祷が入ったり、座るのか座らないのか分からなかったり、なんだか混乱状態。
こういうときの式次第が欲しい。
神父様の調子が悪いようで、説教もなかったし。

注文してた聖書カバーができたって連絡が入りました。
やった。来るのが待ち遠しい。

アイ・アム・サム

2005.03.04
ショーン・ペンの変りっぷりがすごかった。
最後に見たのが「ミスティックリバー」の下町ゴッドファーザーみたいなやつだったので、ギャップがよけいに激しく感じられました。
ハリウッドはすごいなあ。もう一回字幕で見てみたいです。

中盤あたりの裁判シーンですこしほろりときました。ブランコに乗ってるシーンは反則(笑)。
それでデブと鼻眼鏡にむかつき、最後にこいつら凹まされるよなと思っていたけど、ラストはほったらかし。
主幹はあくまで親子の愛だからいいのかな。でもちょっとカタルシスとか欲しい。

あと散々鼻眼鏡が言っていたけど、実際娘がある程度成長したらどうなるんだろう。友達に「私養女だから~」って言うくらいなら、見栄とか結構気にするタイプだよなあ。16歳くらいを見てみたい。


ロザリオ自作

2005.03.03
050303_2308~01.jpg

59個のビーズを買う財力が私にはないので、ミニロザリオばかり作ってます。
作り方は簡単。9ピンでビーズを繋げていくだけです。手元のロザリオを見真似した我流のやり方ですが。
センターメダイなどは、四谷に行けば見つかります。最近ではアクセサリーパーツの通販サイトでも売ってたりします。相場は5個で200~400円くらい。(サンパウロ)
ビーズを選ぶのは楽しいし、作ってるときの集中感が好きです。

ですが作ったところで、普段使ってる奴は決まってるのであまり使いません。
とりあえず、知り合いにおしつけたり引き出しに溜めたりしてます。
ビーズの無駄遣いとは思いながらも、なんとなくいいビーズを見つけると作ってしまいます。
一瞬、ヤフオクで売ったら儲かるかもとか考えましたが、繋ぎ目のショボさを見て諦めました。

ヤフオクといえば、最近(でもないけど)ロザリオがファッションの一つになってるみたいで、かなりぼったくりな値段で出品されてますよね。おまえそんなの売店で1200円で買えるよみたいなのが、「ドルチェ&ガッバーナなんたらかんたら」みたく銘うたれて6000円とか。普通のオンラインショップでも倍くらいの値段で売ってるし。
なんかぼったくりすぎで腹が立つなあ。需要と供給が成り立ってるからいいの?
あと前にびっくりしたのが「神父様に祝福してもらってます~☆」みたいなやつ。堂々と大罪犯していいのかと。(祝別してあるものを売買するのは大罪)

あずみ

2005.03.03
茶髪と太ももとオカマと北村一輝だけが印象に残りました。
思春期くらいの男の子の中に、太もも丸出しの女の子一人ってちょっと危ない組み合わせですね。
オカマは最高でした。
結構美人なところとかニターっと笑いながら画面上にフェードインしてくるとことか中途半端なオネエ言葉とか一人でエキサイトしてるとことか最後の首回転とか。
物語から断然浮いてました。浮きっぷりが輝いてたです。
オカマがいなければ最後まで見なかった。たぶん。

犬の尻尾

2005.03.02
犬ってどういう感覚で尻尾を振っているのでしょうか?
彼らは四六時中尻尾を振っています。散歩に行きたいときでも振り、こっちが見ただけでも振り、ほかの犬が来たときにも振り、知らない人が通りかかったときですら振っています。
人間にはそこまで頻繁に動かす体の部位ってないですよね。
強いてあげるとまばたきくらい。

そういや私は小さい頃、まばたきが大嫌いでした。
まばたきで目をつぶっている間に、周りが動いているのが赦せなかったんです。
あと自分の視界が妙に狭いような気がして、一人でいらいらしてました。それが元で、よく人に噛み付いたりしてました。ごめんなさい。

それはいいとして・・・
犬の尻尾です。まばたきとは少し違いますよね。
犬もまばたきしてるし、まばたきを意思伝達には使ってない。
意思伝達に使う、犬になくて人にないものと言えば腕です。
腕。私にはそれしか思いつきません。
外人とかテンション高い人って、喋るときにうで振り回してるたりします。
知り合いに外人さんがいますが、やっぱり手振りが激しいです。
犬は喋れない分、そっちに力入るんでしょうね。手話みたいなもんでしょうか。

私も犬に挑戦してみようと思って、うちの犬が尻尾を振ってる間、手を振り回してみました。
・・・疲れた。
通りを通る人の目が痛かったです。
目に付かないように木の陰でやったのですが、無駄でした。

結局何が悪いのか(うだうだだなあ)

2005.03.01
私は教会のミサに出た後、聖書研究会というのにも出てます。「研究」とか言ってますが、求道者のための要理勉強会です。

行き始めて半年位したころ、ちょっと変わった雰囲気の人がきていました。
普段神父さんが座っている位置に、保坂尚輝の目が細くなったような男の人が、香水の香りを振りまきながら座ってました。
しかも棒人形が48手やってる絵が一面に描いてあるトレーナーを着てやがります。
あー、へんな人が来たなあなどと思いながらも、私は自分の定位置に座りました。その人の隣です。
なんとなく要理のプリントを広げて見ていると、その人の話し声が聞こえました。

「マリア崇拝についてどこかの神父さんと論争になって、怒らせちゃったから反省代わりに来たんですよははははは」

・・・なんだこいつ。
周りの変な雰囲気。やばいこの人本当に変な人だ。
神父さんが来ました。始めに主の祈りを唱えるのですが、彼は普通にスルー。
聖書朗読の次に神父さんが「修道制は原始キリスト教の体制に習ってます」
みたいな事を言うと、
「え、違うと思うんですけど。だってここはこれで・・・」
と早口で矢継ぎ早に突っ込みます。
神父さんは耳が遠い上に外人さんなので早口で言われても聞き取れずに固まるだけです。
「え、答えられないんですか??え?」
おいおい、こっちの様子を察せよ・・・。
神父さんは訳わかんねという顔をして、一言二言説明すると次のコーナーに進みました。

聖母崇敬についてです。

・・・彼の目が光ったように感じました。もう超ハイテンションで突っ込みまくりです。
最初は砕けた敬語でしたが、ついにフランキーなタメ語に進化しました。
「答えられねーのかよー」
こっちもイライラしてきてなんか言い返してやりたくなりましたが、習って半年の身にはちょっとキツイです。
周りの人も、静かな方や日の浅い方だらけなので口を出せません。誰か呼んできたくなりましたが、もう夜遅いので聖堂にもロビーにも人は残ってないようです。

おいおいもっとゆっくり喋れよ・・・ボケーっとそいつの方を見てると、いきなり彼に話を振られました。
「おかしいよねっ」
いや、ねっと言われましても・・・。
確かにそいつの言ってることにも一理あります。
使っている要理のプリントはけっこう保守的な内容で、「いや、マリア様持ち上げすぎだろ」ってなことも書いてあります。

でもそんなノリで言われてもね・・・。しかもマリア「崇拝」じゃなくて「崇敬」だろおまえ。
拝むのと敬うのじゃ天と地ほど違うぞ。論争とかしたいんだったらちゃんと調べろよ。と心の中でつっこむ私。

そのうちに神父さんが不機嫌な顔になってきました。
そして一言。
「君は礼儀を知らないね」
ノリに乗っていた彼には、こちらの敗北宣言に聞こえたらしいです。たしかにペースの時点でついていけないんですから、私たち不戦敗です。
それからしばらくして、会は終わりました。彼は私のプリント(とりあえず見せてた)を小さくたたんでポケットに突っ込んで持って帰っていきました。

帰りがけに彼はこっちをチラッと見てきました。
私には微笑みかけてやることしかできなかったです。
ニヤつく私の顔を見たそいつは、なんか呆気にとられた顔をしてました。


エキュメニカル(全教会一致運動)って難しいだろうなあという事を実感しました。
宗教って、精神の根幹になるものだと思うんですよ。だから異なった立場と冷静に話し合うことは難しいだろうし、変えるのはもっと難しい。厳格な宗派ならそれ以上に難しい。(無神論っていう宗派もあるかも)
現代のカトリックはそこのところ結構自由だなと思ってます。アバウトなところ多いし。でもそう感じるのは、あくまで私が未受洗のアウトサイダーだからかもしれないです。うーん・・・。

それにしても・・・
あと4年したら彼にリベンジしたいんですが・・・もう終わり?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。