スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

今日で高校生終わり

2005.03.31
今日で高校の学生証が失効しました。
明日は大学の入学式です。

「高校生」と名乗れる最後の日、私は昔のポケモン緑を引っ張り出して、マダツボミ6匹縛りでプレイしていました。
難しいです。しかもハナダシティまでマダツボミでないから、そこまでずっとオーキド博士から貰ったポケモンでがんばらなきゃいけないのです。
適当に選んだヒトカゲを適当に「パンチラ」とか名付けて、適当に育てていたのですが、久しぶりにやったせいか妙な愛着もわいてしまい、マダツボミが6匹そろったときは淋しかったです。1時間45分の付き合い。立派なリザードになっていました。
サントアンヌ号まで進んだのですが、レベル12のマダツボミ軍団ではむちゃちゃやりにくい。一匹はレベル20までなっていたのですが、ほかはほとんど12。消費戦ばかりでした。一匹目でヒットポイント1/3まで減らして、そいつが戦闘不能になったら次を出して1/3・・・みたいな。・・・なんかやってるうちにイライラしてくるんでそこで止まってます。地道にレベル上げろって話ですね。

こんなので一日を潰しました。
いま、私の横では合唱コンクールのCDが流れています。
高校もなんだかんだ言ってよかった。
スポンサーサイト

髪を切ったらキャッチセールス

2005.03.30
美容院の帰りに必ず変な人相占いの人に出会います。
「必ず」って言っても、今日で二度目の遭遇。でもその美容院も今日で二度目。とりあえず美容院帰りの遭遇率100%。
一応両方違う人なんですが、服装はそっくりです。

こっちがふらふら歩いていると、「あら、あなたとてもいい人相してますね」って駆け寄ってきます。
で、「あまりにもよいお顔だったので思わず声をかけてしまいました」って展開していって、年齢を聞いてから最後に「これからどんどん運気もよくなりますよ」でどっかに歩いていきます。
ちなみに一回目が恋愛運で、二回目が新しい発展がどうのこうの・・・。二回目は微妙に当たってます。入学式前だし。

初めて言われたときは「うへへ」ってちょっとうれしかったんですけど、2度目でさすがに目が覚めました。
だって〆の言葉が両方一緒なんだもん。
しかも年齢を聞かれたときに「高校生」って言うと、いきなり話をたたみにかかるし。18禁かよ。
たぶん何かのキャッチセールスか宗教勧誘なんでしょう。私はそんなにひっかかりやすそうな格好なのか。

ちなみに私の前を歩いていたオネエ系しゃきしゃきな人は、駅前でホストっぽい金髪チャラ男に呼び止められてました。こんなところでも差がつきます。
夜の繁華街って伏魔殿。
次に会った時は後つける。絶対後つける。

なんだか買った物日記みたくなってきた

2005.03.29
050329_1848~01.jpg

セル縁の眼鏡を買いました。写真だとオレンジですが、実物は赤です。
眼鏡屋って照明できんきらきんですね。どんな馬鹿面でも全体的に色素薄めに見えて、「アタシってちょっとかわいい?」って勘違いできるくらい。
その勘違いライトに押されて、「セルってちょっとかわいい?」とか思って買っちゃったんです。
トイレに入って改めて自分の顔を見て、なんとなく現実に気がつきました。どこの勘違い女王様ですかと。
ビジュアル面以外にも問題があります。顔幅が広いので、両側から締め付けられてる感じがするのです。
大体の眼鏡でそうなんですけど、これはとくに激しい。
でも両親からの誕生日プレゼントなんで、なんとかいろいろ工夫してみようとは思ってます。

・・・あ、英語の勉強・・・

ハバネロ栽培キット

2005.03.28
ハバネロ栽培キット、買ってしまいました。
東急ハンズで山積みになっていたのです。小さい箱と大きな箱があったのですが、暴君模様の鉢に惹かれて大きな方を購入。998円でした。
セット内容は説明書に土と網、黒い鉢と受け皿。それに種。鉢のデザインがなかなかいい感じです。鈴生り暴君かわいい。
種はただの「唐辛子の種」って感じです。小さくて薄っぺらくて頼りない。

もともと辛いものが大好きで、だいたいのものにラー油か七味かタバスコを入れたりしています。スナックのハバネロも大好き。
はやく栽培したくてたまらないのですが、箱の吹き出しに「種をまく時期は5~7月厳守じゃ」と書いてあるのでお預けを食らった気分です。
もう調理法まで調べて待ってるのに…。とりあえずちょこっと齧ってからドレッシングとぺペロンチーノを作ってみたい。

ハバネロ食品ってたくさん出てるのですが、なんかパッケージが胡散臭いというか、「チャレンジフード」全開な感じでいまいち食欲がそそられないんです。

自称《真の教皇》、グレゴリオ17世、死す

2005.03.27
自称《真の教皇》、グレゴリオ17世、死す
自分こそ真の教皇であり、バチカンは悪魔に支配されていると非難していた、スペインの秘密結社的宗教セクトの指導者が亡くなった。58歳だった。23日、市役所関係者が明らかにした。
自称「教皇グレゴリオ17世」は、独自の《教会》の指導者で、信者たちはある種の黙示録的な世界の終末が訪れる前にグレゴリオが磔刑に処せられると信じている。

こんな人いたんだって感じです。一種の新興宗教なんでしょうか。
跡継ぎはいるのかなと思ったり。
でも調べたらこういう「自称教皇」とか「自称キリスト」って結構いそうですね。

復活祭

2005.03.27
神父様の最後の御ミサでした。
すごい人が多くて、半分遅刻の私は立ち見です。そのせいか途中で腹が痛くなり、トイレに行きました。戻ったときには聖体拝領が終わってたり。祝福頂けなかった…。

ミサの後に神父様と握手しました。私なんか3年に満たないような付き合いだったけど、なんか感傷的な気分。
その後に送別パーティがあるようでしたが、出ずにふらふら帰っちゃいました。出たかったなあ…

復活徹夜祭

2005.03.26
教会に入ったらシイタケのにおいが漂ってました。シイタケと大根はオナラのにおいに似ています。どうでもいいや。
聖金曜日に出ないで聖香油ミサと復活徹夜祭に出るのもちょっと微妙な気もします。
復活徹夜祭。
名前の通りキリストが墓所に入った夜のことで、復活を祝う日です。
翌日がイースター。たぶん。詳しくはこことかを参考にしてください。

この日のミサは洗礼式があったり、キャンドルを順に点火していってキリストの復活を祝ったりと盛りだくさんです。
聖書研究で一緒に勉強していた人がもう洗礼を受けてたりして、なんか留年気分を味わいました。同時に、あの色々な思想をどういう風に受け入れていったのかとちょっと聞いてみたくなったりして。
私としては、最後の審判とかはいまいち信じられない。信仰宣言は7割くらい信じられる。他にも、現在ではやたら否定されてることとか実際どうなの?と思ったり。それを知りたくて大学まで持ち込んだ部分もあるのですけど。まあいいや。
でも思想がどうのこうのという前に、ベール被りたいなとか洗礼受けるとしたら洗礼名何にしようとか考えるのは好きなんです。ミーハーだから。

キャンドルって意外に消えにくいですね。毎年(って言ってもたったの2回)思ってすぐ忘れます。仏壇のろうそくみたく、手で消そうとしてもなかなか消えません。あきらめて吹き消します。普通のろうそくなのに。
灯心周辺の蝋のたまりっぷりは、指をつっこみたくなる衝動を催させます。気持ちよさそうとか一瞬考えてしまうんです。やばいかも。

キリストの死~復活と福音書が朗読されたのですが、照明の使い方とかが凝っていて、本当になにか見えてくるようでした。ちょっと涙出てきたし。もう一回聖書じっくり読んでみたくなました。

今日はいつもの神父様と一緒に、ペトロ神父様もいらっしゃいました。司式のメインでした。洗礼式はいつもの神父様だったけど。
ペトロ神父様の説教は分かりやすくて面白いです。歌も元聖歌隊だったとだけあって上手い。

明日は復活祭です。イースター。あの卵作ってみたいんですけど、挑戦しようとして挫折しました。布とか貼ってピカピカなのが作りたいのに。黄身抜く時点で殻が割れるのです。
明日のミサはたぶん今の神父様の最後のミサなのでぜひ出たいのですが、その日は後輩が大会にでるそうで、どちらか選ばなきゃいけないっぽくて迷います。
あ、でもミサでてから行けばいいか。

なんか書いてて思いました。
私、不真面目。

眠れない

2005.03.26
たまに、目をつぶるとゴツゴツした大きなオブジェが転がってくるような感じがして眠れなくなります。
ハウルの動く城(未見)の城に機関車を足したようなやつです。
それがゴーっと花を押し潰したりして、なんかディープインパクトなんです。地獄の入口ってこんな感じかな。

小さい頃は熱があるときにしか見ませんでした。熱があるとき必ず見るのが、これが絶好調で駆け降りてくる夢と、プールの滑り台を沢山のサメが並んで滑り降りる夢です。

そんなドリーミーキャラが目をつぶった時の世界にまでやって来ているのです。
どういう格上げですかとmy脳に問い詰めたい。

そして26日1時33分現在、目をつぶるとそいつが膨らんでいきます。まぶたが破れそうです。

始めたばっかりの人が書くのもどうかと思うけどね

2005.03.25
ブログやサイトのランキングに必死な人っているもんですね。

私も学生ブログランキングっていうのに参加してます。たまに見ると微妙に順位が変化してて面白い。ランキングが上がってるとかなり嬉しい。クリックしてくれる人、ありがとうございます。

普通はこんなもんかなって思うんです。
でも結構いるのが、騙し打ちで投票アドレス(でいいの?)をクリックさせようとする人。「ここをクリックしてみて☆」とか言って、気になってクリックすると投票されてたり。
なんかミスコンに整形しまくりのオカマがでてきたような気分。クリックしたら投票されるって明記しろよって感じです。見苦しいとかそういう以前にイタイ。

自分のブログとかサイトがどんな評価か数字で解るのかこういうランキングのいいとこじゃないのか。
なんかランキング形式の意義について考えこんでしまいます。
よく人気のあるブログに無意味にトラックバックしてる人が「アクセス乞食」とか揶揄されますけど、これは「ランキング乞食」ってやつでしょうか。

こんなことは所詮個人の感性の違いでしょうし、書いてる途中で潔癖すぎかなあとも思いました。でもとにかく、このことを良しと考える人がいるように、「イタイ・キモい」と思ってしまう人もいて、私は後者なのです。

と、主張してみました。

聞かせてよ、愛の言葉を

2005.03.24
主人公がモテモテで、本命は実の兄。その主人公を周りの女性が「あぱずれ!」とか数世代前の言葉でいじめるような物語っぽいです。
今日はじめてみました。昼ドラをじっくり見るのは初めてです。

オープニングから突き抜けていました。
無意味に銃声が響き、真赤なバラを背景に、全裸の主人公とその兄が絡まっています。
…ていうか、オープニングに出る登場人物たちはなぜ全員半裸なのでしょうか…。
写ってるのは鎖骨から上だから卑猥な感じはしないけど。

冒頭でシスターになった主人公が、庭でオルガン弾いてました。
どうしてもそっちに目が行きます。
なんか彼女の教会、牧師さんとシスターで二人で共同生活しながら孤児を育てているそうです。
…どういう教会やねん。
二人で教会内のおしゃれな喫茶室で赤いお茶(すっぽんの血かと思った!)飲んでるし。その上二人で「神に仕える身ですから大罪だわ」とか言いながらいちゃついてるし。

他にも「私と子どもを作って~」って泣きながら、旦那さんの前ですっぽん潰してるお嬢様とか。
「あなたのはこれよ」とか言って意地悪げに出したパンケーキが結構おいしそうだったりとか。
一人で笑いながら見てました。それも結構寒々しいですね。
あまりのべたくそな感じが気になって、いろいろと調べてみたら、古いドラマのリメイクだそうです。漫画が原作。
昔のドラマってこんな感じだったの…

聖香油のミサ

2005.03.23
山手教会は初めて行きました。まずサイズにびっくりしました。聖堂もすごかったです。イエス様光ってて、聖ヨゼフも聖母マリアも十字架の道行きだって立体でしかも完全塗装済みです。さすが司教座の教会。

横浜教区の神父様が一堂に集まるだけあって、入祭の行列が長かったです。先頭が見えて、神父様神父様神父様神父様神父様…で最後に司教様。司教様、帽子と杖が格好よすぎです。本でなら何度も見たけど、生で見るのは初めて。ミニローマ法王みたい。

聖香油のミサって、私は一年で使う香油の祝福をするだけだと思っていたのですが、司祭にとっては「司祭の約束の更新」をするものでもあるんですね。初めて知りました。勉強不足です。
他にも助祭の叙階や、金祝(叙階50年目)・銀祝(40年目)・ダイアモンド祝(60年目!)のお祝いもありました。ダイアモンドって…長いなあ。私の行っている教会の神父様も、3月でお辞めになるので表彰されてました。今の教会を0から作ってきたそうです。すごい。

こんな風に、普通のミサの合間にいろいろな儀式が挟まってるって感じでした。
唱える物が殆ど歌だったのには戸惑いました。クリスマスとか特別なときは歌なのかな。主の祈りなんて、あんな旋律初めてだよ。卒業式カラオケで半分つぶした喉に追い討ちでした。
でも、参加している神父様全員で歌う(?)奉献文は圧倒的でした。グレゴリオ聖歌みたい。それで最後の〆がペトロ神父様だったのがいい感じ。(カプチン・フランシスコ会の有名な神父様で歌が上手く、話が面白い方です。祈りの園という会を主宰)

式後にパーティがあったので、私は行っている教会の神父様に挨拶だけして帰ろうと思い、適当にうろついてました。
改めて見ると、神父様って外国人ばっかりですね。すごい多国籍。なぜか「漫画家みたいなベレー帽」とジャンバーの着用率が高かったです。いかにも神父神父な格好をしている人がほとんどいない。そういえば、うちの神父様(うちって言っていいの?)がローマンカラーつけてるのなんて見たことないです。いかにもじゃないのが流行なのか。
司教様を初めて間近で見てみましたが、帽子とか帯とかがショッキングピンクでカルチャーギャップを感じました。なにか意味とかあるのかな、ショッキングピンク。もっと淡い色にすればいいのに。

帰りにドムドムに寄ると、柱の影でおばさんが着替えてました。
パンツ見えてるよ。
しかも着替えたあとにポーズをつけながら歩いたり、鏡を見て「かーわーいーいー」なんて言ってはしゃいだり。
なんていうか、ミラノコレクションとかで歩いてそうなファッションでした。スカート4枚重ね。

2005.03.22
Akiane - child prodigy, realist painter and world-renowned poet

久々におどろいたというか、ぽかーんとしてしまいました。
ピカソの昔の絵見たときよりびっくり。
この先が楽しみ。
絵とかよくわからないけど、ラッセンみたいな感じになるのかな。

訳した人はすごいがんばったんだと思う。

2005.03.21
ベネディクトの十字架を買ったときについてきたしおりです。
この十字架、真ん中にメダルがはまっているのが特徴です。
これにはその由来とかが書いてあるんですね。(見辛くてごめんなさい)
20050321233231.jpg


・・・とりあえず、ネデットって誰?

初恋

2005.03.21
Xファイルを見ると、初恋を思い出します。
所詮小学生の「ナントカ君がまじすきなんだけど」なんて、ドラマの真似なんじゃないかと心の半分では思っています。
あくまで半分。

でも初恋と言っても淡い恋心とかとは無縁の、オタクどうしがイタイなりきりごっこをしていたという感じでした。
「私ぃ、ナントカ君が好きでぇ、巾着袋作ってあげようと思うのー。だから彼はどんな柄がすきなのか聞いてきてよぉー」
とか、クラスのリーダー格の女の子が言っている横で、私と彼はXファイルごっこをしていました。
私はスカリー、彼はモルダーです。
中庭につもった落ち葉の形を見て
「これは宇宙船が着陸した後に違いないんだ!」
と、彼はシャウトし、スカリー役の私は腰に手を当てて
「用務員さんがあそこで木を切っているじゃない」
ちょっと漫才風味のxファイルです。文字にするただの漫才なのですが、実際のところ私もかなり格好つけてました。だって小学生が「~じゃない」とか使わないし。
・・・私イタイ・・・
なんでしょうね、たまにストッパーが外れたようにずるずると痛い人間になるのです。後で思い出して毛布を引っかぶって悶絶するような。
ここに書き出している時点で、小学校周辺の痛い記憶は自分なりに決着つけられたようです。

それにしても、とにかく初恋でした。
だってバレンタインデーにチョコあげようとして、「こういうの貰ったら僕お母さんに怒られちゃう」とか言われて突っ返されたとき、なんだかすごいムカついて彼を蹴っ飛ばしましたから。
帰って泣きましたよ。
「爪をチョコに入れたら両思いになれる」とか言うのをマジで実行しようとして母に止められたり。
「恋に聞く魔法のじゅm・・・だめだもう限界だ。

なんだか本当のことを書くと痛々しさが残りますね。
始めに書いたように、小学生の恋愛なんて「恋しちゃってるあたしマジかわいー」なんでしょう。
でも私はこれ以来、ときめくような男女関係なんてほとんどないので、まだこれにこだわっているのです。不謹慎なたとえですが、小学校時代に虐められて不登校になった人が、高校生になって小学校に乱入するのと少し似たメンタルなのかもしれません。

ちなみにモルダー君はかなり立派な人になったようです。前にチラッと見てびっくりしました。

夢か現か

2005.03.20
送別会が終りました。
コントも一応ウケてたので一安心です。
小ヤコブがアドかえたってところでウケるとは意外。もっと滑ると思ってたのに。

ですが花粉症の魔の手からは逃れられず、薬の副作用である「眠気」だけはビンビンのままにクシャミをし続けるというアホっぷりを晒しました。
クシャミ連続でしてる時って、現実感がない感じがします。
それに加えて眠気。
なにか夢でもみてるような気分でした。
一人でかなりハイテンションに なっていたというのもありますが…。

それから今日は誕生日でした。
私はかなりのかまってちゃん気質なので、周りには以前からそれとなく露骨にアピールしていました。
そのおかげで、おめでとうメールを貰ったり、プレゼントを貰ったりとかなり幸せにすごせました。なんか大人げないけど、まだ未成年だからいいや。

幸せ気分で家に帰ると、居間で大きな落とし穴が口を広げていました。……詳細は割愛します。

枝の主日(受難の主日)

2005.03.19
本当は入祭のときに司祭とかが行列して入ってくるような日なのでしたが、土曜だったせいかありませんでした。
残念。
今日の福音朗読は劇風。
ナレーターとピラト(+その他)、会衆とイエス様役で分かれてました。
会衆(ユダヤ人)役は普通にミサに集まってる会衆、イエス様は司祭で固定のようです。
「十字架につけろ」とか言うのはちょっとキツかったです…。

その後の聖書研究会、今回が最後の会でした。
たぶん来期もやるのでしょうが、この神父様に教わるのは最後ということで。本当にさびしい。
内容は十戒の第7戒~第10戒と祈りについて。なんか早足でした。テキストの導入読んでなかったし。
会の終わりに唱える天使祝詞にやたら身が入りました。
来期も受けようかはとても迷っています。
大学でそっち方面をどっぷりやるだろうし…。
洗礼どうするのって話もあるんですがね。

今日はなかなかハードな一日でした。
部活で送別会(?)みたいなのがあり、それでコントを披露するのです。
その練習で朝から学校→教会直行みたいな。昼ごはんが早かったせいでお腹すいた。
高校に行ってたときはいつもこんなスケジュールだったのに、体がなまっていたようです。
しかもコントの本番は明日。
私はほとんど出ないのですが、台本を一本書きました。最後の晩餐ネタ。ちょっと痛い?
イタイイタイと思いながら、小道具ができてないし、唯一出るネタもほとんど練習してない。
コントで頭痛めてどうするんですかって話なんですけどね。

卒業式後日

2005.03.19
卒業式が終わりました。
スライドのほうは、「ちょっとサムくない?」みたいな声を聞きつつも泣いている人もいたので、成功かなと思っています。
100人サムいと思っていても、1人感動してればそれでいいや。
散々「舞台裏にいたから感慨が薄れそう」などと言っていましたが、実際卒業するとなるといろいろと湧いてくるものです。
さよなら6年間(中高一貫)。

その後に、変人仲間たちとカラオケに行きました。
調子乗っても盛り上がれる感じが素敵。
吉幾三やカントリーロードをほとんど合唱し、〆は三三七拍子。
なんか意味分からないけどおもしろい。
仲間もみんな、派手にすごい大学に受かっててびっくりしました。

でも花粉症は、どこに行ってもどういうシチュエーションでも離れてくれないようです。
特に今日は花粉の飛散量がすさまじいようで、眼鏡のレンズに粉がびっしりついていました。全部花粉らしいです。
おかげでクシャミが止まらない。ついでに鼻水も止まらない。
そして目が真っ赤。こすり過ぎてまぶたが綺麗な二重になってました。明日まで持ちますかね?二重。
持たないですね。ま、いっか。

それにしてもとにかく卒業でした。
卒業アルバムの裏に寄せ書き書いてもらったりして、そんな気分を満喫しました。
謝恩会の様子は、さながら先生方の撮影会のようでしたが、私はカメラを忘れていました。
「写真を撮ればとるほどそのときの情景はすぐに忘れてしまう」とかなんとか、どこかで読んだ気がします。
写真なんかなくったっていいのよと。そうやってまた自分を騙すのに必死なんです。
あーあ、淋しいなあ。

ということでこれでこの学校も最後・・・とか思ったけど、明日も部活関係でまた来るのね。
あー・・・なんかハズされてる気分。

財前教授の総回診です・・・(関係ない

2005.03.17
卒業式の予行がありました。
去年まではお局系の先生が仕切っていたせいで「起立・礼」だけをずっと練習し、某週刊誌に「まるで軍隊」とか書かれていました。
でも今年は、おっちゃん系先生ばっかりで「起立・礼」も2回目で「いいんじゃない?」。かなりあっさり風味です。
中学の頃から見てた身としては、かなりバラバラな気もしましたけど。早く終わったからいいのかな。

予行が終わった後に、スライドの最終確認をしました。
担当の先生が(卒業式で使う)ホールの人に掛け合ってくれたおかげで、当日と同じ会場で見られることになってました。やった!
収容人数が馬鹿みたいに大きいホールに係の人達計3人+先生。豪華体験です。
早く始まれ早く始まれと呪詛のように心の中で繰り返しながら待っていると、緞帳がゆっくりと開き・・・
そしていきなり変なナレーション。
「在校生による送別会を行います。まずは合唱部の皆さんです!」
・・・・合唱部?
・・・・送別会?
・・・・スライドは?

・・・ていうかネタバレだよ!見せなくていいよ!
こう思った時にはもう遅く、4人の観客の前で合唱部は歌いだしてました。
どうやら送別会の〆に使われるらしいんですね。
やっぱりチェックは何かのついでか…

結局全部見ちゃいました。
卒業式の送別会、初めから終わりまでみんな見ちゃったよ。
しかも最後に流れたスライド、「在校生が作りました☆」みたく紹介されてました。
・・・せめて「卒業生有志製作」くらいにしといてくれればよかったのに・・・・。
ちょっと淋しい。
しかも「私たちの学校生活は始まりました」とかで始まるスライドなんだから、在校生が作ったように見せられちゃキモチわるいでしょ。
うーん・・・。
スライドの出来自体はよかったです。
オレンジレンジとか曲の入り目とか、ちょっと気になるところは少しばかりありましたけど。
卒業式の反応が楽しみ。叩かれたらどうしよう・・・って不安も大きいですが。
(朝のHR前にクラスメートが『スライドもふざけた感じだし~』とか言ってて、なんか挙動不審になりました。・・・関係ない話だよね・・・?)

・・・それにしても、「卒業準備委員会」っていうのは卒業の感慨を別のものに変えてしまうすごい係ですね。
送別会のネタバレとか職員室での先生方の諸々の会話とか・・・

うほ

2005.03.16
オリーブ一気食いしたら胸焼けがひどいです…。
食べなきゃよかった…。
しかもアンチョビ詰め。
お腹にどんどん圧し掛かってきます。

なんか今までずっと自分のブログにアクセスできず、焦っていました。
テンプレートがちょっとおかしくなっていたようです。
今入れるから大丈夫かな?たぶん。

ダダ漏れオリーブ

2005.03.15
口から言葉がダダ漏れします。
ひとり言が激しいんですね。
(あー言うなよ言うなよ言っちゃった~)
っていうのを心の中で呟きながら、馬鹿みたいなことをノンストップで漏らし続けるのです。
たぶん私は何か伝えたいことがあったり、自分に注目してもらいたいのかもしれません。
黙った方がお得、と色んな本に書いてありますが、簡単そうに見えて実践するのは難しいです。

中にアンチョビを詰めたオリーブを買ってみました。
友人に「濃そう」と言われたのですが、最近加熱するオリーブ愛に押し負けました。
とりあえず一個食べたらだいぶおいしい。
でも脂っこいから一日2粒が限界っぽいです。胸焼けしそう。
一気に食べたいなあ。
昨今のオリーブ愛のせいで、冷蔵庫にビンがたまっていきます。
そして財布からはお金が抜けていきます。

もーるすきん

2005.03.14
インディージョーンズとかゴッホとかに憧れて、モールスキンのメモ帳を買ってみました。
メモ帳ごときが1500円です。
買ってみたものの、使い道が見つかりません。
1500円とは干し梅15個分であり、オリーブの缶詰3個分であり、安物のウニ一パック分であるのです。
そんな高級なメモ帳に買い物リストとかを貼り付けたくない。
冷静に考えると、なんでメモ帳ごときに1500円も・・・バカ。

例えば私が失踪を遂げ、謎の遺跡の調査経過がぎっしり書かれたそのメモ帳だけがヨルダン川で発見されたりしたら十分元は取れると思うのですよ。
でも遺跡なんか近くにないし。
ヨルダン川に行く元気もないし。
とりあえず観賞用です。

現実的な考えとして、どこか旅行に行ったらその記録を書いてみようかなと思っています。
博物館のパンフとか貼ったり。
でも旅行って言っても、家族と会社の保養所行く位しかなさそう・・・。

結局ロマンって自分から飛び込むものであり、白馬の王子様とかも自分で尻尾つかまないと無理なんですね。
あーでもどっかに落ちてないかなあ。
所詮私はこんな者です。

もうただの日記

2005.03.13
今日は花粉が激しいですね。
母とコートを買いに行ったのですが(早めの誕生日プレゼントよー)、目がしゃばしゃばして立つのもイヤになりました。
一応薬は飲んでいるのですけど、効き目のないくせに副作用の「ねむけ」とかはしっかりと効いてしまったようです。
眠いし目がごるってるし鼻も止まらない・・・。午後は引きこもりライフを満喫しました。
英語の勉強?
花粉がひどくてできないのよー(言い訳)

引きこもってる合間に、こんな占いをやってみました。
私はヨハネでした。
なんかこういう占いって、誰でもちょっとは当てはまりそうなことをかいてるだけなんじゃないのかなあ。
でも面白い。鼻毛占いとか。

そういえば私、たまにタロットとかにもはまります。
絵柄見ていろいろこじつけるだけなんですが、解釈によっては事実とぴったりなときがありますね。
キリスト教に片足つっこんでる私としては、かなり微妙なところですけど。
ゲームとして楽しんでるんだからいいかな・・・。よくないか。

四旬節第五主日・・・のはずだったのに

2005.03.12
教会休みました。
スライド作りで疲れました。
精神的に。
人間関係とかじゃないですよ。
なまくらパソコンが全ての元凶です。
2時に終わりが見えてきて、「遊びながらでも5時には終わるね」とか言い合ってたのに・・・
途中でフリーズして強制終了。
やっぱりCドライブの空きが150Mっていうのがダメだったんでしょうか。
再起動してからはもう、動作が遅い遅い。
なんでスクロールするだけで2分かかるんだ・・・。

なんだかんだで終わったときにはもう6時。
気力がすぽーんと抜けていました。
お腹もすいたし、この後9時半までっていうのはキツイねということで、休んだのです。
ミサとか休むときのMY言い訳「どうせ未信者だから聖体も貰わないんだし出ても無駄かも」

こんな風でへらへらと家に帰り、ハードゲイを見て爆笑していたのです。
そしてなんとなく「ダビンチコード」の特集番組を見てみました。
胡散臭いようなそれでいて登場人物は妙にシリアスな歴史ミステリーは大好きです。時空警察とか。
なんかクサいなあと思いつつ、ぼーっと見ているとナレーターのが妙に気に障りました。
「マグダラのマリアは信徒のまとめ役で~」とか。
「マグラダラのマリアを崇拝する~」とか。
もうちょっと台本書くときに気をつけてくださいよと。
しかも最終的に「人類の未来&環境破壊オチ」みたいな。
なんかノストラダムスみたいな扱いのダビンチ。
やっぱりキリスト教が根付いていないと「宗教オチ」は無理なんですかね。
竹中直人のスベってる感は面白かったけど。横で父が「鼻つけてるー」と爆笑してました。

関係ないけど、集会の書を読んでみました。
聖書の旧約続編に入っているやつです。
作者さんは恐妻家?
男女差別とか抜きにして、なんか奥さんにひどいことされたのかなあと思ってしまいました。
途中で「格言作るのは疲れるYO」とか言ってるし。
なんかお茶目さん。

スライド?

2005.03.11
卒業式では感動できそうにありません。

いやね、スライド製作が延々と続いているのですよ。
今日は合唱コンクール関係の編集をしたんですけど、なんか画面見てるうちに「卒業するんだなー」って感覚を使い果たしてしました。
コンクールの練習から始まって、芋蔓式に思い出が・・・。

しかも、編集に使ってるパソコンがとてもなまくら。
Cドライブの空きがほとんどありません。残り何百MBですよ、奥さん。一クラス分の合唱入れたらパンパンです。
Dもあるんですけど、ギュウギュウのCのせいか・・・スタート画面(?)がゆっくりとフェードインしてきます。本当に重い。
あまりのなまくらっぷりに辟易したんで、同時に作業してた横のパソコンに作業している分を全部移そうとしました。
所要時間50分。
・・・・50分は長かとです。
とりあえず移してから、いざ作業と言うところでなんか移したはずのファイルが所々変。
あるものがなかったり。ないものが・・・。
今日やった分がほとんど吹っ飛んでました。

・・・結局なまくらっちに戻りました。ディオ様乱舞。
マイペースななまくら君、電源を切るところまでどーんって感じでした。

結局芋蔓メモリアルより、卒業式のネタバレをリアルに見せ付けられてる感じが感動を奪っていくのでしょうか。
でも私はスライドでみんなが感動してるのを見てから、達成感でニヤつくのです。
いい思い出になるかも・・・?

あとなんかすごい働いてそうなこと書いてるんですが、私は横のパソコンで「ほーむぺーじびるだー」とか「まいんすいーぱー」をいじくってた役立たずです。
2台あっても共同作業ができないの。
だめだ・・・

会社

2005.03.10
最近母がやたらに「稼ぎたい」と言っています。
公文の先生はマージンがきつくて、収入ほとんど0だそうで。
私も大学に入ったらバイトをしようと考えているのですが、横でバイトの情報誌をめくりながら
「トラックの運転手はわりと収入がいいらしいわ~」
とか言ってます。
母さん、40になって運ちゃんとか体持たないから・・・

今日いきなり、家庭教師の派遣会社を作ると言い出しました。
学校のママさんネットを利用するらしいです。
マジですか。
いや、運ちゃんより現実的な気もするけど・・・。
うーん・・・会社?

世界も注目、マツケンサンバ

2005.03.10
世界も注目、マツケンサンバ

時代劇俳優、松平健(51)が歌って踊るユニークなパフォーマンス「マツケンサンバ」が海外で注目を集めている。
米ニューヨーク・タイムズ紙やフランス通信(AFP)がブームの状況を詳細にリポート。
米では音楽専門のケーブルテレビ局最大手のMTVが夏からプロモーション・ビデオを大量オンエアする方針だ。
人気が出ればCDも発売される見通しといい、ブームは世界に広がりそうな勢いだ。


ラストサムライの後にこれって、サムライのイメージってすごい上下するなあ。
ていうか、サムライじゃなくてショーグンじゃん。
最後の変な分析とか現地紙の書き出しとか、なんか馬鹿にされてるような気もしたり。
日本のお祭り気分な感じって、アメリカだとちょっと違いそう。

でも流行ったらいいな。
「エキゾチックジャパン」全開で。
なんとなく日本よりも外国でのほうがもっとウケそうだし。
見てて楽しいし。

ゴッドファーザー3

2005.03.09
コニーが一番すごかった。
1だと旦那さんとか殺されて取り乱していたのに、3になって凄い存在感。
私情を殺してるようなオペラのシーンが圧倒的。
それにマイケルの最後は泣けました。
家族を守ろうと犯罪やりまくった結果、一人ぼっちみたいな。(でもフレド殺したのはやだ)
・・・最初はただの一般人だったのに。因果応報?
お父さんとマイケルの最期の違いも際立ってたし。

あと、うわさには聞いてたけどソフィア・コッポラがかなりイマイチ。ビジュアル的にも演技的にも。
最後倒れるときなんか思わず唖然・・・。え、いや撃たれてるの?みたいな。
しかも映画の雰囲気全体が「俺の娘を見ろ~」見たいな感じだし。
実際に役柄としても「見ろ~」なんですけど、あの雰囲気はウェノナ・ライダー使ってたら出てなかった気がする。
それに、眼鏡で暗殺とかもちょっと訳分からなかった。
ためしに私の持ってる眼鏡であっちこっち突付きまわしだけど・・・首の血管に傷つけるのとか無理。
くにゃっとカーブしてるし。昔の眼鏡は尖ってたのか。それかあの人が眼鏡に針とか仕込んでたのか。
ヘリコプターで暗殺もなんか・・・ナウい・・・?
細かい場面には涙が出てくるし、物語全体の雰囲気やストーリーもすごくいいとは思うけど、なんか真ん中にきそうで外されてるようなむずむず感。

それにしても、この話のメインにもなってるヴァチカン絡みの買収云々は実際にあったことって本当なんでしょうか。
劇中でパパ様が暗殺されてるのはちょっとびっくり。
1の洗礼式と暗殺シーン(このシーン大好き!)は聖俗の対比みたいになってたけど、3は完全に入り混じってるというか。
それに、出てくるヴァチカンの人達はかなり俗っぽい人ばかりです。というか、教会組織が腐ってる感じ。
そんな教会描写の一方で、マイケルの懺悔にはとても泣けたり。

うーん、言葉にするのって難しい。
1,2も見ましたが、私は2が一番好き。
フレドが天使祝詞唱えるシーンとか、悲しいけど何回も見たくなります。一方で、ヴィトーが成り上がってく姿は面白いし。
2でマイケルとお父さんとの違いや家族の崩壊を十分に見せ付けられたうえで、3でそれを一層見せつけられてなんか痛々しさを感じました。 続きを読む

ダメ人間

2005.03.08
素敵に食っちゃ寝ライフを送ってしまいました。
午後の記憶がほとんどありません。
その代わりに、布団の模様だけは頭に刻み込まれています。

・・・人間としてだめなのかもしれない。
いろいろな種類の焦りが、私の肩にぶら下がっています。

ニュースなど4件

2005.03.08
ローマ法王、2週連続で信者らを祝福
気管手術で入院しているローマ法王ヨハネ・パウロ2世は6日、2週連続で日曜の祈りの際に病院の窓に姿を見せ、信者らを祝福した。
祈りでは、病院にいる法王の画像がバチカンの大スクリーンで公開され、術後でまだ話ができない法王に代わり側近が祝福を述べた。
目元が虚ろな感じです。
本当に大丈夫でしょうか。

ムンクの作品、また盗まれる
オスロからの報道によると、ノルウェー出身の画家ムンクの作品三点が七日未明、同国南東部モス近郊のホテルから盗み出された。
盗まれたのはリトグラフ二点と水彩画一点で、いずれもホテルが所有している。
ムンクって最近、怪しい人たちに人気なの?
盗んだとして誰が買うんだろう。

ホリエモン失速
フジテレビとライブドアの株式取得合戦が注目される中、8日、東京・大井競馬場のレースにライブドアの堀江貴文社長が馬主の競走馬「ホリエモン」が出走、後半伸びきれず8着に終わった。
いやおまえ、自分でホリエモンかよ。
社長日記のアドレスが「takapon」だったり、なかなかお茶目なんですね。
でも私はいまのフジテレビの方が好きです。
というか、株の知識がほとんどない(深夜+1のイメージ)せいで今の動向がつかめません。

イベント化するキリスト受難劇
例年通り聖金曜日の十八日、手足に五寸くぎを打ち込まれてキリストの受難を再現する磔(はりつけ)の儀式が各地で行われた。
その中の一つ、ルソン島パンパンガ州サンフェルナンド市では、十七人の熱狂的信者がこの儀式に参加した

ニュースというか、2003年のものなのですが・・・。
題名だけ見て、どこも日本みたいなもんだなあと思いましたが、内容を読んで驚きました。
・・・実際に釘打つって痛いよ。縄で支えてるとはいえ、縦にしたらもっときつい。
でもその傷痕とか痛みとかは自分の信仰の支えになるだろうし、名誉なことなのかも。
信仰心ってすごい。

聖書カバー

2005.03.07
20050307155138


ハ短調さんに注文してた聖書カバーが来ました。かなりいい感じです。
聖書って分厚いせいで、普通の本と持ち歩くとページ所にほかの本が食い込んでることがよくあります。
そういうの嫌だし、聖書って一生物かなとか思ったので、奮発してみました。
うん、枕にもできる!

…これからは勉強するだけや…
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。