スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

in hac Lacrimarum valle

2007.01.31
とりあえず試験期間の山場は越えた気がします。
哲学系はとりあえず美学、カントにはまってどうもぐちゃぐちゃになりました。理解してない人を扱うのは難しいですね。本当にカントやだ。めんどくさい。問題の哲学史はなんというか・・・選択式なのでなんとかなりそうです。「スコラと人文主義の比較」だの「ミランドラとフィチーノの宇宙観の比較」だの、なんというか中世哲学みたいなテーマしか選んでいないのですけども・・・まあいいよね。
神学系はなんでしょう・・・土壇場で適当に書いたレポートが多すぎました。4000字最速タイムを出しました。一時間半。だめだ、内容考えてない。自信のある科目はないですね。意外と教会法概論がいける気がします。なんでって教会法典が全部覚えたから。神学部の試験のすばらしい点は、デンツィンガーでも聖書でも教会法典でも公会議資料集でも持ち込み可なところでしょうね。うーん。
他はなにかあったっけ。まあいいや。

試験期間中は読書の機会が増えますね。本が好きな人を嫌な試験勉強と一緒に図書館につっこむとこうなります。

デ・クレシェンツォ著 物語哲学史シリーズ 而立書房
ギリシア二巻、中世一巻、近代二巻とあって、ギリシア七賢人からカントまでをざーっと軽く語ってくれます。
わりと面白かったです。ただ解りにくいところはやっぱりわからなくて、カントはまったく理解できませんでした。
作者がミラノの方のせいか、微妙にマニアックなミラノの哲学者がぼそぼそ出てきて役に立つのか立たないのか。
「僕にとってのユートピアは・・・カープリ島だあ!」みたいなエッセーに笑いました。

パジェス著『哲学者は午後五時に外出する』夏目書房
哲学者の奇行やエピソードを集めた一冊。
楽しいですが、一気に読むと胸焼けします。なんかこう、予想できる変人っぷりがすごいです。
コントがやっぱりすごい奴でした。
ただ文体がいやに皮肉っぽいのと、エピソードでない憶測語りみたいなのもあるので、それが鼻につくと最後まで続きます。

ベルナノス著 岩瀬孝訳「現代世界演劇全集 カルメル会修道女の対話」白水社
ベルナノス著 岩瀬孝訳「ベルナノス全集3 カルメル会修道女の対話」新潮社

だいぶ前にここでも書いたプーランクのオペラの原作です。
大本を辿ればル・フォールの「断頭台の下の最後の女」までいかなきゃいけないのでしょうが、なかなか見つけられません。
なぜか同じタイトルが二つ並んでいますが、お互い微妙に違うのです。
上は演劇用に編集された版で、オペラのおおもとはこっち。
下は映画用に書いたもので、わりと細かくてシナリオっぽい。
読み物として楽しめるのは下でしょうね。マリーやブランシュの動きがわかりやすいし、ラストはなんだか感動的でした。
上は実際に演じているところを見ないと厳しい。
スポンサーサイト

なみ

2007.01.30
やっぱり中庸が一番ですな、というのが最近の感想です。
しばらくしたら適当にあれこれ書くかもしれません。
今はちょっと忙しいのに無気力です。

こう、どうもなにか楽しい事があっても、なにか霞みたいに消えていっちゃうわけですね。
それで反動でへこむのです。さびしくないですか?
よくわかりません。ただ自分は次に活かすことのできない内省型だなあと思います。
時間が過ぎれば過ぎるだけ、なにか無駄にお金を浪費したような、そんな気分です。
なんかなあ。消えたい。
なんでこんな人になっちゃったんでしょうね。
そこは自分との折り合いだからしょうがないのか。
だから余計に消えたいのか。

なんなんだ

2007.01.24
今までになく追い詰められています。期末試験に。

とりあえず今までの戦況
キリスト論→どたんばで聖書にまとめを書き込み。ただし字数配分がめちゃめちゃでカオス。たぶんCとかかな。
教会美術→また時間配分を間違えた。今度は短すぎ。半泣きで40分くらいで解いて、あと20分あることに愕然。そのまま寝た。間違ってなかったらわりといけるかなあ。
教会法概論→事前に教会法典がだいたい暗記してくれました。ただし理解してないことをだらだら書いたので怪しい。Cかなあ。

下手すると受験期よりきついかもしれません。というか、思想系はまともに理解しながらやろうとすると病みます。どうしても主観的になっちゃうからかな。とにかくノートをまとめてると吐きそうになります。特に経験主義のあたり。相性が悪いのか。
しかし一番釈然としないのは、一番まずい明日の試験科目が全部哲学科ってことです。

試験前なのになにもしてないよやっほーい☆

2007.01.20
センター試験が行われていますね。一昨年は先生に止められて受けさせてもらえず、受験料を払ったのになんでダメなんだと散々に抗議したものですが、それも昔の話になりました。今となっては下手に受けて襤褸を出さなくてよかったと安堵するばかりです。
そんなことを考えたのも今日がバイトだったからで、いつもは人がわんさかいるはずの教室ががらんどうだったからです。
なんともいえない雰囲気が漂う職員室、なんとなく流し場で雑巾を洗っていたら、冷蔵庫の中にビールが入っているのを見てしまいました。いつ飲んでいるのだろう。

サンクトガーレンのインペリアルチョコレートスタウトを買ってみました。サンクトといってもあのでっかい図書館のザンクトガレン修道院とは関係ありません。日本の地ビール屋さんです。で、これはチョコレート風味のビールだとのことですが・・・お子様には向いてなかったです。ごめんなさい。ギネス系は苦手なんです。なんか割ったりしたほうがよかったかな。もう一瓶あるけど飲む気になれないよ。

Alberta Magnaという植物を見つけました。
なんかこう・・・うん、って感じ。
地味というかなんと言うか、ただ種は好みの形です。
最近、アルベルトゥスってネタにされにくい人だよなあと思っていたので、ちょっと嬉しい気分になりました。

そんな感じです。全体としてはタイトルの通りです。

メナーリオと50人の変態親父

2007.01.19
あちこちぶらぶらして、ついにメナーリオのオカリナを買いました。メナーリオはオカリナを発明したドナーティさんから五代目にあたる人で、このオカリナはわりと原型に近い形をしているらしいのです。日本のアケタやナイトのオカリナと違ってなんだか鋭角的。本当はアルトC管が欲しかったのですが、なかったのでなぜかソプラノG管。ソプラノでCまでいくと、小さすぎてわたしには扱えません。
ただこれ、Gのクセしてヘ長調です。わたしの耳が悪いのかそれとも技術の問題か、オカリナって難しいです。

Wenn du lange in einen Abgrund blickst, blickt der Abgrund auch in dich hinein.(君が奈落をずっと見ているなら、また奈落も君を見てるのだ)

こんなことをどっかの変態ドイツ人が言っていましたが、今はまさしくそんな感じです。
ちょうど今は試験前で、来週が修羅場です。なんで先生方は試験期間一週間目に集中させるのでしょうね。もう勉強が終わった人だっているのに。
とりあえず目下の課題は哲学史です。講義を聴いてるときは楽しいのですが、さあ覚えろ!と言われると、知るか!という気分になります。50人以上の変態親父の思想なんて知ったこっちゃないです。だって普通、小学校のクラスの先生だって生徒たちの名前と考えを一致させるのに時間がかかるでしょう。どうも中世はある程度方向性が固まっていたから覚えやすかったのですが、近代に入って多様化しすぎて覚えきれません。スピノザで新プラトン主義な気分でなんか幸せを感じていると、いつの間にかコントが現実的なことを叫んでいます。もうわけがわからない。
そんな感じです。

おさんな!

2007.01.15
とりあえず一番大きなレポートが一個終わりました。サルトルの蝿さんを読んで感想とか考察とかそんなもんでした。読書感想文で6000字は私には酷です。ただでさえ感想文が書けない子ですもの。こういうときは必殺あらすじ書きですよ。
あとは大きすぎる哲学史とかなんとか、テストがごみのように折り重なっているだけです。
あれですね、汚部屋にいる人の気持ちがよくわかります。散らかりすぎてるとどこから手をつけていいかわからなくなるんですよ。まさに今そんな感じ。
この時期の日記は本当にワンパターンですね。
そんな感じです。
ただ今日は前日に夜更かししすぎたので寝ます。
全てのものが二重に見えます。まったく、体力ないくせに夜にならないとギアがはいらない。どうしたものか。ただのサボり症か。

じつぞんろーんむしんろーん

2007.01.14
レポートレポートと思っていると別の方向に心がいきます。
いま9時で、れぽーとはあと4000字。さりげに絶体絶命ではありませんか。

マランザーノを売っている店を発見し、衝動的に買ってしまいました。
シチリアの口琴さんです。ずっと愛用してるのはオーストリアさんのなんですが、やっぱり原点回帰ということでシチリアの口琴。初めて口琴に出会えたのはシチリア民謡なんですよ。ふふふ。
口琴はやっぱりいいですね。あの形に妙な色気を感じます。
なんだか今まで使っていたのはわりとしっかりチューニングされているものだったのですが、マランザーノは微妙に音がカオスかもしれません。音感のない人間が適当こくのも微妙ですけども。
そんな感じです。
あとなんとなくオカリナも新境地を探そうかなあと思っています。もうちょっと別の音色も欲しいかなあ。うへへへへ。

こんな現実逃避をずっとやっていました。ごめんなさい。先生ごめんなさい。

Si tu es Rex Iudaeorum, salvum te fac!

2007.01.13
なんだ試験だレポートだと駆けずり回っています。大体この時期の日記ってワンパターンなんだよな。
レポートの提出日を勘違いしてえらい目にあいました。一番不真面目に受けていた講義が一番難しくてやっかいとはどういうことですか先生。ん、自業自得?それはよくわかっているんだよ。

時間は本来ないはずですが、ないとわかると逆に開き直るもので。昨日は友人たちと誕生日プレゼントを買いに行きました。ネタに走るか真面目に決めるか悩み、結局真面目な方向に終わり、それになんとなくつまらなさを感じながらもほっとしました。帰りに皆で夕食を食べ、今更ながら自分のこれからの人生が、ある方面ではお先真っ暗ということを認識して一人で暗くなりました。いつも私ばかりですみません。
暗くなったついでに帰り道にペンデレツキのルカ受難曲を購入。ワルシャワフィル。ペンデレの自作自演版も横にありましたが、ただなんとなくなので安いのを買いました。
最近ちょこっと現代音楽が流行っています。ペンデレは他にレクイエムしか聴いたことがなくて、しかしそれにしてもカオスだなあという印象しかありません。

で、今日は一日ペンデレしていました。一日っていうと大げさですね。朝起きて1ペンデレで、夜に1ペンデレ、合計2ペンデレです。なにこれ。よくわからん。まあいいや。
聴きながら胃が痛くなりました。なんかこう、まだまだ絵画ですぞ!みたいな昔の受難曲と違って、肉とか血とか。映画のパッションより怖くないですか、これ。うわーやっちゃってるよ大変だねえって。でも最後はちょっと感動したかな。いきなり整った(?)音がどーんと出てきてびっくり。こんな感じ。
間違っても憂鬱な時にはお勧めできませんでした。

Nipponico Anno Nuovo

2007.01.11
例年になく年の初めはバタバタとしていたように思います。いつもはだらだらとコタツに入ったり犬の散歩をしたりしてすごしていたはずなのですが。こうなると師走のほうがのんびりしていたかも知れない。
大体7日までは一日おきに巫女の助勤で、その後に成人式。
巫女は楽しかったので来年もやりたいです。
やはり年末年始のお祭り騒ぎな寺社仏閣の雰囲気は大好きです。宗教は文化的親和性に拠るなんて見方もありますが、そんなところかもしれません。主の祈りよりも祝詞を唱えていた時期のほうが長かったわけで。
それにいろいろと勉強になりました。神棚のないときのお札の祀り方とか。あとなにより暗算に強くなれた気がします。800円と500円のお守りをお授けして、10000円もらったからお釣りは8700円だとか。なにより参拝者が多いので、計算を早くしないと周りの目が怖い。わたし凄い。
こんな感じかな。

8日は成人式でした。一応式には行きました。
紋付袴を着たオカメインコがいっぱいいました。
別にそれは笑うところでどうでもいいのですが、どうも式が始まってもうるさいのが困る。わたしは別に話しが聞きたいわけではないのですが、単に式としての調和の問題です。一応式典ですから、もうちょっと形式的な均整が取れていないと汚い。今更ですね。どうもこういうところに拘り過ぎてしまって困ります。そうか、こういうのが全体主義になるのか。やだやだ。
会場が広すぎるのでろくに友人にも会うことなく、なんとなく行ってなんとなく帰りました。
昼食に中華料理に行ったらシャンパンをサービスして頂きました。そうか、めでたい日だったのか。

思えば冬休みの半分以上が着物だったように思えます。日本的でいいのかな。
そうだ、あのモコモコをつけた振袖って、別の動物のように見えませんか?

Felice anno nuovo!

2007.01.01
新年早々助務巫女をやってきました。
大晦日から今日の朝まで。
仕事は簡単で、お守りやらお札やらを売るだけなのですが、種類が多くて価格が覚えられずに困りました。氏子さん曰く、80種以上あるそうです。そんなになにに・・・まあいいや。
基本的に時間との話し合いでした。それこそ12時過ぎあたりは参詣客が非常に多く、なんだか大入り満員!みたいな妙なめでたさに包まれていました。本当にてんてこ舞い。ただ3時4時になってくると次第に客足も遠のき、一応間断なく人は来るものの、人手があまっているなあという感じでした。そうなると時間の経過が鈍くなるものです。後半は裏で商売繁盛の札を袋詰めしていました。ダースで纏められてるお札。100枚単位のお守り袋。「熊手大 緑」なんて書かれたダンボールがシュールでした。
とにかく足が痛かったです。草履が足に合わなくて苦労しました。寒さはそんなにたいしたことなかったかな。夜明けはしんどかったですけども。
あああと、変な人に執拗に写真を取られました。冗談じゃなく気色悪かったです。なんでああいうことができるのでしょうね。

とりあえず終わった後はイーストウッドの「硫黄島からの手紙」を見に行き、新年早々無性に厭世的な気分になりました。バロン西はかっこよかったし、映画としての出来もなかなかだとは思ったのですが、「出口はないよ」みたいな状況にうんざりしてしまいます。
最近なぜか戦争映画を見ると、勝手にイデオロギー臭を探し出してそれにぞーっとしてしまい、なにも楽しめずに終わってしまうことが多いです。とりあえず右も左も大嫌いです。

こんな感じです。
なかなか不思議な新年でした。

それでは皆様、本年もよろしくお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。