スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

コンスタンティン

2005.04.29
悪魔をメリケンサックで殴って、しかもそのメリケンで悪魔祓いいしてる映画と言ったらいいのか…。中盤で一発でそんなイメージがつきました。
この映画、そこそこのキリスト教的知識がないとチンプンカンプンだと聞いたのですが、意外に普通に見られました。イエスの贖罪死とロンギヌスの槍関係、大罪やキリスト教の死生観についてなんとなくわかってて、ちょこっと天使とかに目配せしてれば大丈夫って感じ。
それにしてもなんだか「キリスト教的」というより、サブカルっぽい雰囲気でした。

序盤はなんだか画面がナルっぽい感じで微妙にひきました。
ハリウッドくせに男女のいちゃいちゃがないのには好感。
コマーシャルでは、散々アクションが強調されて第二のマトリックスみたいな扱いでしたが、実際はアクション的な要素は低め。壁を走ったり空を飛んだりなんかしません。コマーシャルに出てくる程度で終わりです。あれで2時間分を出しつくした感じです。期待したら騙されたと思うかも。

天使で有名なガブリエルが出てきたけど、ハーフ・ブリードなのか普通に大天使でいいのか良くわからなかった。主人公がだまされてるだけなの?あと、息を吐くシーンはなにか元ネタがあったようで思い出せない。もどかしい…。
あとサタン。普通におっちゃんおっちゃんしてる感じが素敵。でももうちょっとダンディーなほうが良かったんじゃないかとなんとなく思ったり。なんだか全体的に、ナイスミドルが少ないのです(それに比べると、女性はなんだか美人が多い)。オカルト物でナイスミドルなって組み合わせは最高。ディアボロスのパチーノが大好きです。この人はでもロマンスグレーとはちょっと違いますね。まあいいや。

突き抜けたキリスト教系オカルトを期待していったので、けっこう満足できました。
難点を言うと、微妙にいらないような冗長なシーンが鼻についたり(牛が死んでくとことか)、アクションであまりカタルシスが味わえなかったり。あと微妙に悪魔がダサい。

そういや、神父様が「自殺は精神を病んでるから、自殺者にもミサをあげますよ」と言っていました。アメリカとは自殺に関する事情が違うのかと思い、調べてみたところ、「カトリック教会のカテキズム」にそれに関する説明が1ページほど載っていました。この本はたぶん万国共通です。編集長はベネディクト16世。
「激しい精神的混乱や試練や苦しみ(中略)などは、自殺の責めを軽減することはあります」(p669)
「自殺した人々の永遠の救いについて、絶望してはなりません。(中略)教会は自殺した人のためにも祈ります」(同ページ)
…細かいことを考えていくとキリがなくなりそうです。
なんだかこの引用は的外れな気もするし。まあいいや。

それにしても、「天使」とか「悪魔」の色々な話っていつ出来たんでしょう。天使とかって調べていると、大天使だの熾天使だのごちゃごちゃ色々とあって、なんだかびっくりしました。カテキズムにもちゃっかり「天使の堕罪」とか載ってるし。
あと「地獄の聖書」。もうちょっと細かく設定を教えて欲しかった。劇中では英語だったけど、誰が訳したんだろう。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://salmon.blog4.fc2.com/tb.php/101-c20ecf86
★「コンスタンティン」【ひらりん的映画ブログ】
公開初日のナイトショウで見てきました。他にも「インファナル・アフェアⅢ」とか「マスク2」とか「阿修羅城の瞳」とかが初日だったけど。今月はこれが劇場1本目。やっと見ようかなっ・・・って作品が始まりだした感じですよ。さすが、川崎チネチッタ・・深夜のわりにはお
【2005/04/30 01:43】
「コンスタンティン」劇場にて【xina-shinのぷちシネマレビュー?】
引き続き『コンスタンティン』を観ました。主演は『マトリックス』の「キアヌ・リーブス」。共演に『ハムナプトラ 』の「レイチェル・ワイズ」。古ぼけたアパートの一室で女性の悲鳴が響いた。彼女の見たものは娘が何かに憑依され天井を這いずり回る姿だった。『ヘネシー(プ
【2005/04/30 08:55】
コンスタンティン(映画館)【ひるめし。】
天国と地獄のエージェントなんかゲームになりそうな映画だった。可もなく不可もなくって感じかな。自分のことしか考えられなかったコンスタンティンがアンジェラに出会うことで、人のために悪魔祓いをしていく成長過程が良かったかしら。オカルト好きはもってこいの映画。先
【2005/05/01 14:53】
コンスタンティン【金言豆のブログ】
★本日の金言豆★レーザーターンテーブル:レーザー光線で溝を読む完全非接触レコード再生機・古いレコードも痛めません! 神と悪魔、天国と地獄、悪魔憑きと悪魔祓い。けっこう使い古された感の有るテーマながら、一風違った切り口と映像表現で描くオカルトアクション大作
【2005/05/02 23:35】
映画「コンスタンティン」【こまったちゃんのきまぐれ感想記】
「コンスタンティン」開映20:40@錦糸町シネマ8楽天地 「コンスタンティン」CONSTANTINE 2004年 アメリカ配給:ワーナーブラザース監督:フランシス・ローレンス 製作:ロレンツォ・ディボナヴェントゥラ、アキヴァ・ゴールズマン、   ベンジャミン・メルニカ
【2005/05/05 01:59】
コンスタンティン[Constantine]【ヒトコトシネマレビュウ】
★悪魔にも天使にも好かれる人間は、苦労が絶えないDVD:コンスタンティン(予定)2005/アメリカ 監督:フランシス・ローレンス 脚本:ケビン・ブロドビン、フランク・A・カペロ ⇒☆この映画を、そのうち借りてみたい☆妙な期待をしないで観に行ったら「おおっ」と楽し
【2005/05/20 12:33】
映画鑑賞感想文『コンスタンティン』【さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー】
さるおです。 『CONSTANTINE/コンスタンティン』を観たよ。 とりあえず、『CONSTANTINE 2』がどういう話になるかということだけはわかりましたね。 監督はこれが1作目のフランシス・ローレンス(Francis Lawrence)。 出演はキアヌ・リーブス(Keanu Reeves)と、『CHAIN REACTI
【2005/09/09 00:18】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。