スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

ジーザス・クライスト・スーパースター

2005.07.04
ブロードウェイのオリジナルキャストで2000年に公開され、ビデオ用に再収録したバージョンらしいです。
インターネットで検索すると、劇団四季やら映画やらフランスでやったのやらワラワラ出てきてわからなくなります。サントラとかを買おうとしたら相当困りそう。

私はこれを見るのは、このバージョンが初めてで、これ以外見たことありません。だから他と比較できないのは微妙なところ?

まずオープニングにびっくらこきました。
派手な落書きをした壁を背景に、12使徒(?)っぽいイマドキ(?)な若者がスローモーションでなんかやってます。それと一緒に時代設定が字幕で流れるの。
拳法の練習だかをやっている黒人がなんだかシュールで笑えました。だって真顔でタンクトップでスローモーションなんだもん。うすた京介とかの漫画に出てきそう。
カッコイイかもしれないシーンなのですが、なんだか全体的に笑えるのです。私が不真面目なのか・・・。

んで本編。
全体的にSFとなにか違う感じのものを合わせたような雰囲気で、私はこういうの嫌いじゃなかったです。
イエスがダイレクトに「解放軍のリーダー」って感じに扱われていて、熱心党のシモンがかなり出張っています。
あとユダ。この物語の主人公はほとんど彼みたいで、どちらかというとキリストよりもユダのほうに感情移入してしまいそう。淋しそうな顔をしながらもノリノリで歌う「Sperstar」(十字架の道行きのあたりです)がいろいろな意味で面白い。
たしかに私も、ユダはそんなに悪い人じゃなかったんじゃないかなあと思っています。だって彼が裏切らないとイエスの贖罪死は成立しなかったわけで・・・。他に機会があったのかなあ。
それに他の弟子だってイエスが捕まった直後にみんな裏切っていますし。
キリストを刺したロンギヌスが列聖されてるのもわけわからん。その後熱心に布教したって・・・うーん・・・。
ダンテの神曲で、相当ひどく扱われてるのにも悲しくなりました。ずっと噛まれてます。ユダ。ブルータスとかと一緒に。

まあこれはおいといて。

とにかく弟子たちの無理解っぷりが露骨でした。
イエス様かわいそう。とにかくこの理解されない感が前面に押し出されているのです。
でもこのイエスも、なんだかダメ人間っぽいというかニートっていうか・・・。弱そう・・・。十字架上のシーンで「口数多いなあ・・・」と思ってしまいました。
支配者側もかなり翻案(?)されていて、ピラトはなんかナチっぽかったり、大祭司たちはマトリックスかなにかに出てきそうな雰囲気でした。

当然ミュージカルなので、百パーセント歌です。
一番気に入ったのが、ファリサイ派や祭司たちが歌う「Jesus Must Die」
とくに「What then to do~」から始まるところが大好き。頭の中で無限ループしています。なんだかアンナスが無性にかっこいい。全体的にこの人かっこいい。きもかっこいい。
ヘロデのアホっぽさもいいなあ。なんだかアホっぽいのに羊達の沈黙思い出すんです。レクター博士。

舞台装置や衣装からして、時代をぱーんとどこかに移した感じなのですが、個人的に基本的な設定(神殿の商人とかファリサイ派とか)にはもっと目配せしてほしいなと思いました。
素敵なアンナスも、カイアファの義父のはずだし。あれはあれで素敵だけどあれの娘は見たくない。
学校でそこをしっかりやっているせいで、どうしてもそっちに目が行ってしまうのです。
あと、わりと露骨なヘンケンにびっくり。中東系の人がミサイル売ってたり、十字架につけろと叫ぶユダヤ人がもろユダヤ人な格好をしていたり(あの黒帽子でコートみたいな・・・)。
とりあえず、他の版も見てみたいです。
スポンサーサイト
コメント
ハバネロ大きくなってきましたね。
ミュージカルの「ジーザス...」に思わず目が留まっての久々の書き込みです。
”ロック・オペラ”という当時としては台詞が全部歌という画期的な作品でした。70年代のファッションだから、確かに今見ると面白いかも。 私は最初映画版を見たのだけれど昨年劇団四季の舞台を見てきました。
人間的に苦悩するイエスというのが焦点だったと思います。
映画版の出来はかなりいいですよ。
今でも評価高いと思いますのでレンタルで見つけたら見てみてね~♪
【2005/07/05 22:26】 URL | ♪~ #PSTlPl2A
ロックオペラって言うんですか!
劇団四季がやっているとはきいたこともあるので、それもぜひ見に行ってみたいなあと思っています。
映画版も小さい頃に見た記憶があるのですが・・・、やっぱり今見ると相当印象が変りそうです。
【2005/07/06 23:51】 URL | 塩鮭 #-
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://salmon.blog4.fc2.com/tb.php/158-d72a70cf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。