スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

キリスト教音楽

2005.07.22
無事に人間学のレポートも出せました。
「夫婦」について、旧約聖書から引用しまくりながらなんとか・・・って感じです。
キリスト教において、夫婦というのは「あくまで子どもを育てるための共同体」っていうイメージしかなかたのですが、意外とあちらこちらをピックアップしていくとそうでもないんです。人間社会の最小単位って、まさにそんな感じ。こういうのは書きやすいから好きです。

で、キリスト教音楽。
でっかい試験の回答用紙の「一面を埋めること」みたいに指定されており、もう婉曲な言い回しを使ってくどくどくどくど・・・。字数稼ぎばっかりです。
「授業でやったことを一つあげて論じなさい」って出題だったので、とりあえずカストラート(去勢歌手)について書きました。
だって書きやすいんだもん。
信仰と音楽が離れていってしまってるんじゃないかということを、よくも知りもせずにつらつらと。
書くのに必死だったので、推敲だとかはまったく出来ませんでした。
先生の御心のままにって感じです。結果は。
悪いほうを想定していた方が良いかも。うん。
スポンサーサイト
コメント
はじめまして~☆
キリスト教音楽って奥深いですよね。
私は趣味で合唱やってて、少しかじったことはあります。音楽の背景にあるたくさんのことって興味深いです。お邪魔しました~♪
【2005/07/26 22:53】 URL | kilin #-
はじめまして。
書き込みありがとうございます(^^
本当に西洋の音楽って、キリスト教を主軸に発展してきたような気すらしますよね。
【2005/07/27 19:17】 URL | 塩鮭 #-
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://salmon.blog4.fc2.com/tb.php/169-bbf188f3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。