スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

恋する神父

2005.07.22
試験の後に見に行きました。
新宿です。
新宿の町並みってむちゃくちゃ嫌いです。
ほかの雑踏系の町は全然いいのですが、これだけはどうも・・・。
なんでかな、相性かも。

なんか韓流なおばちゃまばかりでした。
クォン様?
妙な連帯感がふんわり漂ってたりして。
まあいいや。

で、あらすじ。
「品行方正なカトリックの神学生のギュシクは、ミサの最中に学友ソンダルのせいで大失敗を起す。2人は罰として田舎の教会で精神修行をすることになる。教会に到着した翌朝、ギュシクが聖堂を掃除していると、二日酔いでベンチで寝ている若い女性がいた。この女性は教会の神父の姪のボンヒで、恋人のジソと結婚するためにアメリカから韓国へ戻ってきたばかりだった。その日からギュシクの煩悩の日々が始まる。」
goo映画からの引用です。
「恋する神父」じゃなくて「恋する神学生」じゃないと思ってしまいました。
微妙な揚げ足取りなんですけれど、意外と大きな違いなのです。
このタイトルのせいで、知り合いの神学生が「反キリスト教的な内容なの?」とか言ってきました。
いや、内容は全然反キリスト教じゃあないです。
ラブコメ?
うーん、コメじゃないけどラブストーリーっていうか、コミカルなラブストーリー?
軽く見られてへへへと笑えて、エンディングは予定調和でなんか安心。
ただあの友達がね・・・。正直、あのギャグ(?)というか不良学生っぷりは私には笑えませんでした。
途中からなんか回心してるけど、あの原理がイマイチ分からない。
深く突き詰めたら負けかも。
なんかサワヤカに終わったなという感じでした。
主人公、もとから司祭に向いてなかったんだろうなと思ったり。
世間知らずで司祭になるよりかは、微妙に生臭いほうがいいなあと。
こんなかんじです。

●公式サイト
恋する神父
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://salmon.blog4.fc2.com/tb.php/170-54975149
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。