スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

完徹と変な一日

2005.07.23
ここに書いてみるととりたてて変な一日でもないのです。
昨日の夜から徹夜をしました。
哲学のレポートのために。
友人がつきあってくれたこともあってか無事に終わりました。

それからフラフラ大学に。今週中に出せと言われていたのです。
土曜だったせいか研究室に先生はいらっしゃらず、さあどうしようかと校内をふらついていたら、隣の教会から鐘の音が聞こえました。
それで12時のミサに与り、それからまた研究室に行ったのですがいらっしゃいませんでした。
どうにかしてでも渡したいので再び校内をふらふらしていたら、学部の先生に会ったので相談してみたところ、
「SJハウス(イエズス会の宿舎)に行ってみたら?」
と言われたのでそっちに行くことにしました。
受付のおばさまに先生を呼び出すように頼んだところ、ちょうど先生がやっている要理教室の前期終了ミサをあげるところだそうで、それに与ることになりました。
「ミサに参加してからレポート出せばいいじゃない~」
って。
なんかしつこいかなあとおもいっつ、でもこの先生の説教はすごい深くて好きなので漫然と参加していました。
ただ途中にその要理教室の入門式やら洗礼志願式があったので一瞬意識が・・・。徹夜のせいです。

ミサのあとにアホかなとおもいながらも香部屋(ミサのための司祭の準備室)に突撃し、レポートを押し付けて帰りました。
先生はサワヤカに微笑みながら「もう体は大丈夫ですか?」と気遣ってくれました。

帰りの電車の中ではもちろん寝たのですが、降りる駅を寝過ごしました。
とりあえず近くの駅で降りて乗り換えようとしているときに地震がおきました。
ちょうど階段を下りるところだったせいか、それとも足元がふらふらしていたせいか揺れをまったく感じず、点検のためと止まってしまった電車の中でぼけーっとしていました。
こんな一日です。
変というかなんと言うか。具体的には1時間しか間をおかずに連続でミサっていうのが変なのか。
徹夜をしたせいか、こんなことが全部夢見心地の中におきてたのが変なのかもしれません。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://salmon.blog4.fc2.com/tb.php/171-b56a4d51
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。