スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

まあなんというか

2005.08.06
広島に原子爆弾が投下された日ですね。今日は。
昨日今日とテレビでそういう番組ばかり見ていたせいで、なんというかまあ、そういう気分一色です。はい。

そんなこんなで、なんだか今日はマトリックスをずーっと見て、その後NHKで平和祈念式典を見ていたわけです。マトリックスどうでもいいですね。
まあマトリックスも改めて見ると、なんだかこう、色々思うところはあるわけです。スミスかわいいなあとか。まあそれはいいとして。

で、「平和巡礼2005」なんていうのを漫然と見たわけです。これ本題。この番組、なんか微妙でした。なんでかって言うと実質トリとして歌われた合唱曲、バーンスタインというユダヤの人が作った「カディッシュ」のなかの一曲なんですが、むちゃくちゃ宗教色むっちりなんですよ。「アーメン」連呼当たり前だし、「イスラエルに神の手をー」みたいな歌詞もあるのです。
なんかね、私としてはちょっと感動したんですけども、これで良いのかと思ってしまいました。今の情勢で核で「イスラエル」っていう「国際的に見た」危なさも当然あるのですけども、それ以上に特定の宗教臭を出すのはどうよと。どうせユダヤ教(キリスト教にも通じるかも)を出すのなら、もっといろんな宗教の歌を歌った方がよかったんじゃないかと。
教会に通って洗礼も考えてる身として、こういうこと書くのには語弊がだいぶあるかなとおもうんですけど、広島ってそれ自体に宗教色を付加しないほうが良いかなと思うんです。そんな感じです。
これなら土の歌でも歌ったほうが好かったんじゃないかと。あの大地讃頌の。

今日は無駄にしどろもどろです。まあいいや。
さりげなく民放をチラ見したら、今日東京でやったとかいう花火大会の特集をやってました。なんだこの剥離感。自粛しろよと思ってしまったり。

こんなところで言うのもなんかもしれませんが、原子爆弾で犠牲になった方々のご冥福を心からお祈りしています。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://salmon.blog4.fc2.com/tb.php/180-4acd68c0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。