スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

六日目。なんか嫌な一日でした。

2005.08.14
9時起床。
10時45分からミサでした。今日は主日で、私も信仰宣言の一部を言わせていただきました。なぜか文語。ポンシオ・ピラトのもとにて~と。
ミサの後見知らぬ地元のおじさんに色々話しかけられたので答えていると、別れ際に微妙にセクハラされました。お御堂でなにやってるんだ馬鹿野郎。その後もずーっと着いてきました。あちこちに。思い出すと胃が痛くなるので詳しく書くのやめます。

ミサの後にバーベキューパーティがあって、臭くないラム肉をはじめて食べたり、エッシュにまた行って昔の汽車に乗ったりと色々盛りだくさんでした。
汽車では鉱山の見学をし、降りた後はジオグラフィックの写真展に行きました。
それから近くの喫茶店に行きました。
例のおじさんに住所を押し付けられ、こっちのも教えろといわれました。断った後になんだかもうどうしようもなく泣きたくなったので泣きました。おまえもうついてくるなよと。

それから小教区の教会に移動し、この4日間の写真をスライドショーで見ました。イタリア人盛り上げすぎ。おやじ私の斜め前に座るな。やっとここで別れられましたけども。
それから解散し、私はホストマザーの友達の家へ。そこで夕食会をするそうです。
おばさんにそのおじさんのことを相談すると、なんだか割と有名な電波さんだそうで。一日楽しかったのですが、なんだかつぶされた気分。
夕食会はいいかんじでした。魚介類が結構出たりして。
夕食中に、日本語の縦書きや漢数字についての話題が出ましたが、なんだかあちらの概念では理解するのが難しいそうです。
その後みんなで写真を撮ったりして解散。

これでルクセンブルグでの日程があらかた終わりました。ホストマザーの方には本当にお世話になったし、一緒の家に滞在した方にもお世話になりました。なんだかこの時点で「帰国だなあ」という気分なのですが、これからなんですよね本当は。すごいなあ。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://salmon.blog4.fc2.com/tb.php/188-a09d65cc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。