スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

十日目。生まれて初めてローマ教皇をナマで見た。

2005.08.18
徹夜でフラフラです。寝たいんだけど話しがはずむと眠れなくなるもので・・・。しょうがないから朝風呂に行きました。わりと優雅なもんです。
一応ここでの生活も要領つかめてきたので、さりげなく洗濯物とかも洗えるようになってきました。専用の干すゾーン作ってみたり。・・・楽しいかも。でも食事は最悪ですね。とにかくパンしか出ないので。私はご飯派。

まあとにかく。
今日はハイリゲ・ファミリエ教会でカテケージスでした。御聖体について。徹夜でまあ・・・記憶が飛んでしまいました。
その後、ベネディクト16世の歓迎式典がライン川でおこなわれるというので行くことに。ただ、ものすごい混雑が予想されたので、行かない組と行く組に分かれました。ちょっとサバイバル気分。
身構えていったものの、選んだ経路がよかったのか運がよかったのか大きな混雑にあうことなく、無事にケルン川沿いに着きました。ライン川を流れてくるそうです。ベネさま。
欲を張って人が多い川上の方に行ったのですが、これが微妙に失敗でした。ここでいいやと腰を下ろした私たちの目の前にゴミ箱がありました。んで、その上にアホドイツ人親子が来て、その上に立ってるんです。尻しか見えない。親父の尻。とりあえず娘の方にガンを飛ばすことしか出来ませんでした。
まあでも、なんとか人の間から川を見ることが出来て、ベネさまが乗ってる船も見ることが出来たんです。
べーねでぃっと!
目の前を一往復です。往路は遠かったのですが、復路がおもいっきり近くて、なんかマント(?)がはためいてるところだの顔だのがしっかり見えて感動しました。あんなに感動したのは初めてです。後ろに枢機卿がだーっと並んでるし。すごいなあ。やっぱり。

ひとしきり感動したあと、私たちは即帰りました。このあとケルン大聖堂でお話しなどをしたようですが、これを見てると混雑で無事に宿舎に戻れるかどうかがあやしくなってしまうのです。
ちょうど人波の先頭集団に入れたせいか、なんとか駅に入ることは出来ました。私たちの目の前で警察が駅を封鎖していました。混雑予防とか・・・。

8時半ごろに宿舎に戻ることが出来、お月見などをして呑気に過ごしました。別の経路で行った友人は11時過ぎに帰ってきたり。閉鎖後に駅に着いたらしいのです。
12時ごろに就寝。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://salmon.blog4.fc2.com/tb.php/193-1caa25da
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。