スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

ダ・ヴィンチ・コード

2005.02.03
今更ながら、ダ・ヴィンチ・コードを読んでみました。
なんとなく、流行った本って買いにくいですよね。
「あ、こいつ今更買ってやがる」みたいな。
自意識過剰ですけど。

で、感想です。
読みやすかったです。
前評判とか聞いて、重々しい感じを想像していましたが、軽いサスペンスみたいな感じでした。
とくに前半はドキドキしました。
上から下にどったんばったんいくのかな?みたいな。
でもその期待のわりに後半が尻つぼみ。身内で終わっちゃうような感じ。
分厚かったので、それなりに時間がかかるなと覚悟していましたが、一日で読めます。テンポがいいです。
「衝撃の新事実」ってあっちこっちで言われてて、私もかなり気になっていました。
それで普通にびっくりしました。
オプス・デイとかシオン修道会とか、普通に知らなかったし。
勉強不足ですね。
聖杯伝説、全然興味なかったけど、だんだん気になってきました。
でも、なんか腑に落ちない点もありました。
4福音書の決め方に関する記述とか、ヨハネどこ行ったんだよとか・・・
あと、キャッチに「モナリザに隠された秘密」とかあるけど、そっちはたいしたことなかったです。
ハリウッドで映画化するらしいですけど、シラスとかどうするのか
気になりますね。
映像にしちゃうと、ただの漫画っぽいキャラクターになっちゃいそうです。
まあ、かなり楽しめました。
先がどんどん気になって、読み出したら止まりませんね。
ただ、上下4000円はキツかったです。
一回読んだらそれで満足。
スポンサーサイト
コメント
初めまして。

>なんとなく、流行った本って買いにくいですよね。
>「あ、こいつ今更買ってやがる」みたいな。
>自意識過剰ですけど。

自分も似たような面がありますかな?
と言っても自分の場合、その本のブームが過ぎてから読む
という感じですが。
最近ではこの正月に綿矢りさと金原ひとみの書籍を計4冊
読みました。
金原さんのはチト現実から離れている気がしたので(自分に
取って、ですが)さほど感情移入できなかったのですが、
綿矢さんの方は描かれている生活情景が自分にも手に届きそ
うな距離間なので、自分をその情景に溶け込ませて読み進めて
行けましたね。

原作の映画化ですが、自分が映画の方が良かったなぁ、
と思うものは『ティファニーで朝食を』ですね。
原作ですと少しドロっとした感を受けますが、映画の方では
そういった部分が削ぎ落とされた感じでスムーズに受け入れ
られたように思います。

それでは、足跡がてら。


【2005/02/05 17:32】 URL | さざ波 #j.8VhYiM
はじめまして。
私も綿矢さんと金原さんの本、読みました。
確かに綿矢さんの方が身近な話ですよね。
登場人物の妙なリアリティが好きです。
大体みんなに共感できるような・・・。

「ティファニーで朝食を」って原作があった事、初めて知りました。
大体、原作が大人気な作品の映画化って、評判が悪かったりしますよね。
今度原作も読んでみたいです。
【2005/02/06 00:29】 URL | 塩鮭 #-
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://salmon.blog4.fc2.com/tb.php/2-03a17098
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。