スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

待降節第一主日

2005.11.27
延々と死体を埋め続ける、なんとも鬱々とした夢をみてしまいました。夢って怖いですね。

まあいいや。
頭の中は冬のЧехов祭りです。
なんとなくこんな文字で書いて見ただけです。チェーホフです。
2005年春に復刊された岩波文庫の「サハリン島」と「決闘・妻」、なかなか見つからなかった「退屈な話・6号病棟」をいまさらながら買えて意気揚々としているだけです。
全集とかもたまに欲しくなるのですが、神保町で6万もしたので、微妙にあきらめ気味です。中途半端。
こんなところもあるのですが、やっぱり本と付き合いたいなあという変なこだわりで読めずにいます。短編読みたい。

今年の待降節~降誕節は、なんだか意外と予定がぎっちりで、うれしいのかうれしくないのか分かりません。
クリスマスは自己供与だなんてどっかの神父さんが言ってましたが、それが実践できることはうれしくもあり、ほのかなめんどくささを覚えることもあり・・・。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://salmon.blog4.fc2.com/tb.php/208-3b512fb8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。