スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

羽ペン

2005.02.21
小学校時代、変わった塾に行っていて、そこで羽根ペンを作った記憶があります。今日はなんとなくその思い出に駆られ、羽根ペンを作ることにしました。
6年前のうろ覚えなので、うまく作れるかは不安でしたが、とりあえず東急ハンズで材料を買ってきました。
羽根だけです。500円。
とりあえず、ガチョウの白い羽根とコックフェザントの黒い長い羽根を購入。
作り方はたしか羽根の先を切り落とすだけです。
なんか土かなにかを熱してそれに羽根を突っ込んでいたような記憶もありましたが、家のナベが全員現役バリバリなのであきらめました。

20050221212308.jpg

完成しました。
黒いほうは結構見栄えがいいのですが、妙にインクが飛びます。白のほうがいい感じ。万年筆っぽくインク道を作ってみたのですが、線が二つに分かれるので削り落としてしまいました。

20050221221123.jpg

試筆してみました。上が白で下が黒。アルファベットは目の前にあった字を適当に書いただけです。深い意味はありません。字が下手なのは仕様です。左利きってやはりペンとは相性最悪みたいです。ペン先が引っかかってインクが飛び散ります。字を書くというより、図形を描く感じ。

さすがヨーロッパ圏の筆記用具とだけあって、漢字よりもアルファベットのほうが書きやすい。筆記体とかを格好よく書けたら素敵。でも基本的な書き味は悪いです。私が手順をサボったというせいもあるでしょうが、それを超えた書きにくさがあります。昔の人の気分を味わえるといえばそうなのかもしれないません。これで小説や思想書を書き上げた人たちは本当に偉い。筆使う人より偉い。
スポンサーサイト
コメント
 あたしもそれやったことあります~(爆)。羽ペンに羊皮紙のおまけ付きで~(笑)。
 あの羽ペンで例のゴシック字体の美しい写本が書かれていたわけ……です、よね? 信じられません……(ぁ)。
 ついでに万年筆、実は一本欲しいんですよね。あたしはボールペン派ではありませんので~。ただやっぱり良いのって高いんですよねえ……(溜息)。
【2005/02/22 04:09】 URL | 里奈 #tHX44QXM
やっぱりやりましたか(笑)。私は羊皮紙までは用意できなかったです。よく手に入りましたね(^^)
万年筆は、安価な鉄ペンでもけっこういい物がありますよ。ラミーサファリとかお勧めです。
【2005/02/22 18:10】 URL | 塩鮭 #-
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://salmon.blog4.fc2.com/tb.php/23-3cbeb632
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。