スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

直線的なシモネタって嫌

2006.01.14
イタリア語まずいなあと思いつつ、コタツの中で半分眠っています。
今日は補講が6時間くらいありました。なんとなくいろいろ解りました。それだけです。
補講の後に洗礼式がありました。私のじゃないです。ただ歌っただけです。

朝方、学内で典礼の先生に出会い、「声は神様がくれた楽器ですよ。」なんてことを話していました。英語で言ってたので、全部理解し切れなかったのが残念。もうちょっと勉強しなきゃいけないみたいです。
でも上手い人の声は本当に神様の楽器って感じですね。私のその楽器はとても微妙なのですけども。まあいいや。

そんなこんなとごちゃごちゃやって後、久しぶりに普段行ってる教会に行ったら、いきなり第二朗読を任されました。なんだか妙に演説チックな部分だったので、わりとノリノリで読んでしまい、表題を言い忘れました。「使徒パウロのコリントの教会への手紙」。ちょうど講義でやったところばかりで、なんだかウハウハです。グノーシスとか「いる」と「泊まる」とか。

最後にある友人へ。
淋しいと思えるだけ幸せさ。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://salmon.blog4.fc2.com/tb.php/247-c0e4d67e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。