スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

英国国教会、女性主教容認に動く

2005.02.23
宗教議会が法的手続き進行に合意
英国国教会は先週開かれた宗教議会で、女性主教容認の判断を示し、今後法的手続きを進めることで合意した。
早ければ二〇一〇年にもイングランド初の女性主教が任命される見通し。
しかし保守派は強く反対しており、国教会は同性愛主教任命問題に加え、新たな難題を抱えることになりそうだ。


やっぱり、国教会とかプロテスタントのほうが、いろいろなものに縛られない分、(一部を除いて)リベラルな感じがしますね。
ある神父様が「もしキリストが現代に生まれていたら、きっと女性も使徒に入れてた。」と言っていたのを思い出しました。
カトリックはどうなるのかなあ・・・。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://salmon.blog4.fc2.com/tb.php/25-4cc2a299
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。