スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

てきとうに

2006.01.29
修道院のレシピ」なんて本があります。
フランスの修道院が、料理の教育のために編集した本だとか何とか。ブルターニュ地方の家庭料理のレシピが500ほど載っています。簡単なスープやパイ生地の作り方からその応用編まで、なんだか余すことなく載っているような感じです。とても便利です。
ただ微妙なのは、冒頭にある「素敵フレンチ生活」な写真集と訳者の妙な自己主張。きっと出版した人と考えていることと私が考えていることがずれているのでしょう。当然ですけども。

というかね、これのイタリア料理版があったらもっといいなあと思っているのです。それだけです。これもいい感じなのですけども。


また唐突に愚痴を書きたくなったので書き散らします。
なんだ、いろいろと思うように自分が動かないのは世の常です。
自分自身を理想にできたら、思想だの文学だのはきっと発展しません。
こんな大風呂敷を広げてみましたが、私は自分とその周りの小さなことに対して若干イライラしているだけなんですよ。
自分の周りがうまく動かないなんてのは当然のことですが、それどころか自分すら思うように動かない。
この手のイライラは一生解決されないかもしれません。
そこを思うとやりきれないなあと、なんだか笑えてきます。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://salmon.blog4.fc2.com/tb.php/264-bdc30e40
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。