スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

けものみちが微妙に面白い

2006.02.16
なんだか、家にあるDVDを総復習しているような感じです。明日あたりワンス~を見ようかなあ。

ロード・トゥ・パーディション
ストーリーはなんだかまとまりすぎているような気がして、手放しで最高!とは思えないのですけども、映像が大好きです。あとポール・ニューマン。目がなんだかとてもきれいです。
高校時代、私は禁酒法時代とかそのあたりが大好きでした。今も好きです。
なんで好きになったかというと特に深い意味はなくて、三つ揃いに帽子のおじ様って素敵と思ったとか、その程度です。くだらない。別にここで禁酒法の是非について熱く語ろうとは思いませんけども。
それでなんだかこの映画、私の頭の中にある「ちょっといい感じな禁酒法時代」みたいなのが詰まっているのです。
ホテルの内装とか
服装とか
マシンガンとか
ひっそり飲むフラスクのお酒とか
全体的にセピア系の色調とか
あくまで私の中の勘違い禁酒法時代ですが。
で、こういう古き良き(?)時代背景に加えて、やっぱり画面の構成がとてもいいんです。アメリカン~と同じ撮影監督なのですが、こっちのほうが絵画的な印象。
光の具合だとか、あと建築やロケーションがうまく決まっているなあと思います。
そんな感じです。
あとあれです。三つ揃えは素敵です。大好きです。ばかばかしいですけども。



そういえば今日の深夜、衛星放送で「アメリカ映画のヒーロー・悪役ベスト100」みたいなのをやっていましたた。上位三つはこんな感じです。
ヒーロー
一位:アティカス・フィンチ(アラバマ物語)
善意の塊とか言われてました。
二位:インディ・ジョーンズ
しぶとさが魅力だそうです。
三位:ジェームズ・ボンド
クールでダンディなジェントルマンとかなんとか。

悪役
一位:ハンニバル・レクター(羊たちの沈黙他)
人間性のかけらはないのに、人間の本質を見てるそうです。
オペラにあわせて、頭を切るレクター博士だの挨拶をするレクター博士だのが順々に写っていて、それがなんだか笑えました。
二位:ノーマン・ベイツ(サイコ)
なんだか「実はどこにでもいる若者なのさ」とか言われていましたが、ママンに化けて人を殺す偏執狂はそうはいない気がします。
三位:ダースベイダー
人間性のかけらもないとか。レクター博士と選評が似てます。

なんだ、やっぱりヒーローはどれも似たような感じになるものだと思うのです。一位なんか、逆に選評がつまらなかったりします。
でも悪役も、上位になるに連れてだんだんと似てくるもんですね。「訳わからない人たち」みたいな。
ちなみに悪役の下位のほうには、「ジョーズのサメ(18位)」とか「バンビに出てくる人(20位)」とかがはいっていて、なんだか少し笑えました。オズの魔法使いの「西の魔女」が四位なのも意外というかなんというか。
ちかにみ、マイケル・コルレオーネは11位でした。
ちなみにランキングの全部はAFIこのページ(adobe!)から見られるみたいです。これ以外にも、「名台詞ランキング」なんかが面白いです。 くだらない愚痴を書きますよ。
人には定められた運命があるって考え方は好きです。
でもそれが不本意だったら、ベクトルは変えられなくてもその到達点までの線形を変えることは多少なり可能だと思っています。
目的地が同じでも、道はたくさんあるじゃないですか。運命って言うのはその目的地なんじゃないかなあと思うのです。
・・・なにをまじめに語ってるんだか。

こんな大風呂敷をひろげましたけども、今は日常のわりとどうでもいい問題に困っているだけです。
近頃、自分は異性運がまったくないのじゃあないかと思っています。こちらによってくる方が、まあそこそこまともな方もいましたが変な人ばかりです。
こんなことを人に相談すると、「それは変な人にもフレンドリーに接するからだ」という指摘を受けました。そりゃ確かに、人から話しかけられたら普通に返事もするし、やっぱり陰険な雰囲気にはなりたくないから笑顔も作るし、道であったら一応挨拶もします。ほんとうにそれだけです。その程度のことで勘違いされてしまうのもどうかと思うのです。そんなに人からつんけんに扱われているのかと、なんだか悲しくもなります。

異性関係で言うと、私は好意を寄せるのは好きです。でも好意を寄せられるのは苦手です。ひどく身勝手なものですけども。
異性が大嫌いというわけではありません。よい友人になってくれる人は好きですが、妙に異性として意識していますよっていう雰囲気が出るとどうもやりきれない。
世の中に二つの性がある限り、しょうがないことなのかなと思うのですが、なるべく迂回したくなるところでもあるわけで。

なんだ、こんなこと書いていると、自分がもてる人みたいじゃないですか。
本当にそんなことはないんですよ。ただなんだ、運が悪いというかなんというか・・・そんな感じなのです。
私は一緒に公園を散歩したり、美術館に行ったり、図書館に行ったりするような方が理想なのですけども。
この理想は高すぎるのでしょうか。
仮にこれを夢だとしても、もうちょっとこう、変なアグレッシブな道は通りたくないと心底思うのです。
うーん、支離滅裂。
要はただ駄々をこねているだけなんです。かるく流してやってください。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://salmon.blog4.fc2.com/tb.php/283-d9ad70a9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。