スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

よく聞かれること

2006.02.23
「神学部ってことはシスターになるの?」

この手の質問にいい加減慣れたというか、飽きたというか、受け流し方を確立できてきたような気がする今日この頃です。
別に私はシスターにはならないと思います。
なんだ、こういう話のネタな質問に対して真面目に答えるのもどうかと思うのですが、この学部にくるとよく聞くのです。シスターの高齢化とか若手不足とか。
でもきっとならないかなあと。そりゃあ強烈になにかきたらなるかもしれませんが、現段階ではどうも女性だらけの共同生活はきついよなあとか、俗っぽい面からなる気が起きません。洗礼すら受けてない人間が何を言うんだって話ですけども。

それで最近よく聞かれるのです。
「神学部出て、何になるの?」
一応院にも行きたいよとアピールするのですが、結局自分は社会に出るのかなあという疑問が湧きます。
正直、「神学やりたい!」だけで大学に入ってしまったので、この先が全く分からないのですよ。
就職を全く考えていなかった。別に神学部はそこまで就職が悪くはないのですけども。
私は一応学芸員の課程はとっているのですが、いまどきこの資格をとっても何の意味もないのは分かっています。院に行ってSTBだのSTLだのを習得したいとは思っても、司祭にならない人間にはほとんど無意味なわけで。
うーん。
無意味でもとりたいなあとか興味がある分野をずっと勉強だの研究だのをしていきたいとは思うのですが、さあ、それでどうしよう。
たまに男に生まれたかったと思うのですが(そうするとアトスにだって行けるし神学校にだって入れるし)、それはどうも自分がだめだめなのを性に責任転嫁しているようで気分が悪い。どう頑張っても男にはなれませんしね。
ぼちぼちやるしかないのかなあ。

一つ補足。
またよく聞かれることなのですけども、うちの学部の偏差値について。

なんだ、うちのブログをちょっと読めばわかるでしょうが、都内私大のカトリック系神学部といったら大体思い浮かぶ学校は一つだと思います。
私は一応「進学校」というやつに通っていたわけで、大学の「学歴」とか「偏差値」とか、そういうある意味社会的(?)側面もそこそこわかっているつもりです。
そういう側面から見たら、賛否両論あるにせよ、うちの大学はそこそこ名前の通った有名大学といえると思います。そしてそんな大学の中で、神学部の偏差値はずば抜けて低いわけです。要はうちに学部はそこそこ穴場なわけです。
それで私と同学年の中にも、わりと「穴場だから」入ったと公言して憚らない人たちがいます。
たしかにうちの学部は、教会関係者の推薦も要らないし、信者である必要もありません。それに、大部分の講義はメインキャンパスで行われていますし、サークルなどで馬鹿にされたりするような事も聞きません。「キャンパスライフ」を謳歌するのには全く支障のない学部です。
ですが、大学の主軸はやっぱり勉強なわけです。そうすると、興味のない身近でもない宗教について、その歴史やら教義、典礼などのもろもろのことについて勉強するとなるとやっぱりしんどいだろうなあと思います。聖書は必携ですよ。しかも、カトリックはどちらかというと体感しないと理解できないような部分が多い。この学部に入ってから転部するという手を考える人もいるかもしれませんが、神学部に限って他学部への転部はできないようになっています。他学部から神学部に移るのもほとんど無理なようですけども。
あとは勉強に加えて、やっぱり就職の問題があります。神学部の就職先のそこそこ大きな部分を占めているのは教職です。この学部で取れる免許はキリスト教の宗教科です。この免許、各地のミッション系スクールからはわりと引く手数多だそうです。そしてそれに加えてもう一つか二つとることはできますが、やっぱりこれがメインなわけです。そうすると、宗教科の教員であるためには、受洗した信者であることが第一条件なわけです。やっぱり「信者である」ということが、その人が教えることへの安全マークになるわけです。他にもキリスト教に関係ない仕事に就く方もたくさんいますが、やっぱり「神学」という日本社会とは一見関係ないように見える立場から、うまく志望動機を言えないことには就職は難しいわけです。まあなんだ、就職なんてなにも考えていないいhきこもりが言うのも難ですけども。

なんだ、ぐちゃぐちゃと書いていますが、どの道偏差値が低いから行くとか行かないだとかは本人の自由なわけで。ただこれだけのデメリットがありますよと主張してみたかっただけです。ちょっとイラついたのもあるのですけども。
前述した体験的な要素については、全体が参加するようなミサなどもありますし、学部だけでもこういった部分は大いに用意されてはいます。それに、カトリックの青年会的な組織がやはりあって、神学部の中では非常におおきな力(?)を持っています。ですから、「キリスト教に興味ありませーん」と入ったところで、孤立することもないわけです。染まりやすい人にはお勧めかもしれません。
まああれです。やっぱりここに入るのには、なにか運命的な要素が大きいのかもしれません。ある意味召命ってやつでしょうか。

結局なにが言いたいのかよくわかりませんが、一応学部の紹介ですよと。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://salmon.blog4.fc2.com/tb.php/290-628fa684
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。