スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

アカデミー賞

2006.03.06
78回目のアカデミー賞の授賞式がありました。
今日はこれを見て力尽きました。
一応受賞作はこんな感じです。一応全部のっけてみました。なんだ、意地の成果です。

作品賞 クラッシュ
監督賞 アン・リー/ブロークバック・マウンテン
主演男優賞 カポーティ/フィリップ・シーモア・ホフマン
主演女優賞 ウォーク・ザ・ライン/リース・ウィザースプーン
助演男優賞 シリアナ/ジョージ・クルーニー
助演女優賞 ナイロビの蜂/レイチェル・ワイズ
脚本賞 クラッシュ
脚色賞 ブロークバック・マウンテン
撮影賞 SAYURI
編集賞 クラッシュ
美術賞 SAYURI
衣装デザイン賞 SAYURI
メーキャップ賞 ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女
作曲賞 ブロークバック・マウンテン
主題歌賞 "It's Hard Out Here for a Pimp" (Hustle & Flow)
録音賞 キング・コング
音響編集賞 キング・コング
視覚効果賞 キング・コング
長編アニメーション賞 ウォレスとグルミット/野菜畑で大ピンチ!
長編ドキュメンタリー賞 皇帝ペンギン
外国語映画賞 Tsotsi (南ア)
短編アニメーション賞 The Moon and the Son
短編ドキュメンタリー賞 A Note of Triumph
短編実写賞 Six Shooter
名誉賞 ロバート・アルトマン
ゴードン・E・ソーヤー賞(科学技術賞) ゲーリー・デモズ

正直、あんまりここにある映画を全部見ていないので、これはイマイチだねーだの意外でしたねーだのとは言えないのですが、なんだ微妙に楽しみました。
過去の映画特集みたいなのが面白いです。もう亡くなった方が出てくるとぐっときます。
どちらも苦労の末受賞するものなのでしょうが、主演や脚本よりもむしろ裏方系の賞のほうが感動できます。図面やデザインなどの舞台裏から実際の映像になるところにドキドキするわけです。
長編ドキュメンタリー賞の時、4人の受賞者がペンギンのぬいぐるみをもってわーっと来たのが妙に嬉しかったです。あのぬいぐるみの腹のむっくり具合が最高でした。あれ、持ったまんまレッドカーペットだのあの客席だのに居たのかと思うとなんとも。ペンギン語のありがとうもいい感じでした。

でもあれです。今回は司会がわりと淡々としてたのが少し残念でした。ビリー・クリスタルがよかったなあ。
あとやっぱり日本のスタジオはいらないなあと。

だめだ、これからいろいろやんなきゃ・・・・
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://salmon.blog4.fc2.com/tb.php/301-9d86c06a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。