スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

グローリーとカンノーリ

2006.03.14
セガフレードでカンノーリを買ってきました。またGFネタとかは内緒です。なんだ、前食べて普通においしくてはまったのです。
それだけです。
でもなんだ、ここのは微妙に薬くさいような味でへこみました。私のだけかなあ。

グローリー 
衛星でやってたのですよ。
サウンドトラックだけは手元にあって、それがだいぶ気に入っていたので、初めて本編を見られて微妙に感動しました。
内容にも感動しました。
なんだ、やっぱり生き死にの境って無条件に涙が出るわけです。
あの浜辺の高揚感がいいですね。うーん。
いや、なんだ最初のほうから涙腺が刺激されっぱなしだったのですが、同時に微妙なあざとさを感じてしまったわけです。なんだろう、やっぱり穿って見すぎなのかな。
見たときにちょっと素直な気分じゃなかったから、そのせいかもしれません。

ストーリーやそのメッセージ性は十分すぎるほど感じました。せりふの一つ一つも感動的でした。
でもちょっと残念だったのは、音楽の流れ場所がいまいちぱっとしなかったなあとかそんなところです。
そんなもんです。
あ、あとショー大佐がかっこかわいいです。なんだ、レンブラントの肖像画とかにありそうなやわらかい雰囲気に胸が締め付けられました。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://salmon.blog4.fc2.com/tb.php/306-4dd27f10
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。