スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

カトリックなあ・・・

2006.03.17
いまに始まったことじゃないのかもしれませんが、最近のカトリックには微妙に困惑させられることが多いです。
なんだ、変に政治的なバイアスがかかりすぎてるんじゃないかなあと。

カトリック司教協議会の一団体にカリタスジャパンというところがあって、そこは災害援助とか人道援助なんかをやっています。
で、そこが出している「ひびき」という小冊子があるのですが、これがいかんともしがたい代物なわけです。今年の刊を読んでなんともいえない気分になりました。
たしかに支援とか援助とかを目的にしている団体でしょうから、現実的というかなんというか、そっちに偏る気持ちもわかります。でもなんだろう、「四旬節にあたって」靖国とか天皇とか持ち出されても困惑するわけです。
もしかしたら政治とか日本の体制にたいして教会が声高に非難をすることも間違ったことではないのかもしれません。ですが、やっぱりカエサルのものはカエサルに返そうよと思ってしまいます。
現行している平和活動って、やっぱり靖国問題だのと切り離せないんでしょうかね。一応日本はこれでうまく動いてるのだから、もうちょっと視野を広げていったほうがいいんじゃないかと思ってしまうんですけども。

とりあえず寝る前になんとなく考えてみただけです。
ここらへんのカトリックと社会とのかかわりって、結構大切な問題だなあとは思います。でもこのあたりを考えているとだんだんと無気力になって微妙に鬱になるわけです。興味がないわけじゃあないんですけども。
私は象牙の塔に閉じこもっているほうが幸せなんですよ。本当に。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://salmon.blog4.fc2.com/tb.php/309-221fc8e6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。