スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

新月の夜に角笛をぶちならせ!

2006.03.28
bucinate in neomenia tuba」なんて歌詞の歌があるのですけども、どうもこのbucinateが語感的にぶちならせ!みたいなようで気になるのです。本当は吹き鳴らせとかそんな意味なのですけども。あ、あんまり変わらない。
まあいいや。

今日は聖歌隊の引継ぎ式でした。
聖歌隊、こっちの学部が学部なので勉強できる要素とかがたくさんあって非常に有益です。もともとそっち目当てで入ったのは内緒ですよ。
なんだ、キリスト教の勉強なんてのは色々な形があるとは思いますが、「みんなでミサを企画!」だの「みんなで分かち合い!」だのよりもずっと性に合っています。
いやね、正直合唱なんて大学に入るまであまり考えていなかったのです。もともと絵を描くほうが好きだったし、そっち方面の道も一時期本気で考えていましたから。だからなんだ、こう人生の中で傍に置いておきたいものとしての「芸術」をものすごく大雑把に絵画と音楽の2ジャンルで捉えたとしたら、音楽のほうはそこまで考えられなかったのです。なにより私は音楽関係のムーサさん(テルプシコラ?)たちと非常に仲が悪い。だいぶ小さい時期から小6までピアノを習ってはいましたが、まったく身につかずに終わりました。あれだ、「早期の音楽教育で絶対音感が身につく!」って絶対うそですよ。せいぜい音の色(?) がさっきと違うなとか同じだなとかはなんとなく判るのですけども、その程度です。そもそも歌っている時は常にてんぱっているので、そんなことを省みる心の余裕がありません。
まあなんだ話が横道に逸れましたが、まったく予想だにしていなかった展開なわけです。最近が。
楽しいですよ。

最近わりに真剣に、正教会とカトリックの典礼比較だのをやってみたいなあと思うわけです。正教会って言っても、地方によっていろいろと典礼形式が異なるので一概に言えないのでしょうが、なんだこう、ギリシア教父ってロマンなわけです。神概念もカトリックとは異なっているのじゃないかとも思いますし。いや、よく調べてないからなんともいえませんけども。とりあえずちゃんとリトルギアだのに参加して文献を読めって話ですね。というかちゃんとカトリックのこともやらなきゃあ。一年で夢が膨らみすぎです。はあ。
頭の輪郭だけ大きくなって、中身はすっからかんなままの自分に嫌気が差します。

あと素敵なサイトを見つけました。ロシア正教会の典礼について。
写真とMIDIが非常に嬉しいです。MIDIなんて嫌いだと思っていましたが、せめて音の並びだけでもわかるっていうのは偉大です。
非常にしつこいですが、ShvedovのLoad prayerはいいですよ。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://salmon.blog4.fc2.com/tb.php/321-be4c545c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。