スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

たまには。

2006.04.07
ユダは裏切り者じゃない?「ユダの福音書」写本と確認
エジプトで70年代に発見され古美術商の手にあったパピルス紙の束が、専門家らによる修復鑑定作業の結果、初期キリスト教の幻の外典「ユダの福音書」の約1700年前の写本だと確認された。聖書ではイエス処刑への道を開いた「裏切り者」として描かれる「イスカリオテのユダ」が、実は、イエス本人の命令に従い「救済」を完成させるために引き渡した「善行の人」だったと主張する内容で、議論を呼びそうだ。

久々に夕刊を見て、第一面に「福音書」だの「ユダ」だのとなじみのある言葉が踊っていてびっくりしました。比喩じゃなくて使われているのをみるのは結構久しぶりです。
福音書というのはそもそもキリストの言行を記録した文書で、マタイ・マルコ・ルカ・ヨハネと新約聖書に入ってるもの以外にも「マグダラのマリアによる福音書」だの「原トマス福音書」だのといろいろと胡散臭いのも存在します。新約聖書に入っているもの以外は、これから書くグノーシスだのの影響を受けていたり(というかその見地から書かれていたり)、その他色々とノイズが入っていたりで偽典として扱われています。だから「五つ目の福音書が見つかったー!」って話ではないわけです。
それでユダによる福音書、各報道紙なんかでは「議論を呼びそうだ」だのなんだのと書かれていますが、この記事の最後を見ると、そこまで大混乱みたいにはならない気もします。教会大激震どころか、穏当に資料としての扱いを受けそうです。なぜならこれはグノーシス主義なんていう立場から書かれたものだからです。この主義はキリスト教のなかの天敵で、一時期は相当な力を持っていました。だって楽なんだもん。ニケヤ・コンスターチノープル信条なんていう全キリスト教に共通する信条がありますが、こういうのにもしっかり、グノーシスに気をつけろ的なことが書いてあるのです。(『乙女マリアより体を受け』云々)

ところでこのニケコン信条、オーソドックス(東方正教会)だとカトリックやその他プロテスタント諸派とは微妙に違うのです。「聖霊は父と子から出て」なんてフレーズがあるのですが、オーソドックスは「聖霊は父から出て」なんていう風になっているわけです。もともとオーソドックスのほうが正しくて、カトリックの「父と子から」っていうのは微妙に最初とはずれてしまっています。なんだ、ここのところを「フィリオクエ問題」なんて言ったりします。意外と大きな問題なわけです。父と子から出てることになると、聖霊の立場が微妙に低くなってしまうわけですから。これのために東西の分裂が決定的になったといっても過言ではないわけです。キリスト教があまりに広範囲に広がったために、東方と西方が文化の違いや諸般の事情でうまく連携がとれなくなってしまったための相違でしょうけども。

んで、なんだ余計な話をしましたが、ユダの福音書。グノーシスというのはややこしくてうまく説明できません。とりあえずプラトン主義が変に誤解されたのが始まりとかなんとか、どっから出てきたのかがいまいちまだ明確に判っていません。大雑把に言うとお肉が嫌いな二元論な人たちです。ベジタリアンじゃありません。旧約聖書に登場する神と新約聖書に登場する神を別物と考えます。そして肉体をダメな神様が作った嫌なものと考えて、「神であるキリストが肉体なんて持つわけがない」みたいな考えの下、神の受肉なんてのを否定してしまいます。平たい話、キリストを幻覚で済ませてしまうわけです。それに加えて、キリスト者たちが重視する現世での行いだのなんだのを全否定してしまうわけです(肉体は穢れてるからなにやってもオッケーって)。そうするとなんだ、いろいろ大混乱なわけです。新約聖書の後半にある書簡集なんかにも色々と注意してよ勘弁してよといったようなことが書いてあります。ユダによる手紙(イスカリオテのほうじゃないよ)なんか必死です。
ここのところ、書いていくと深みにはまってきりがないのでここら辺でやめます。まあいいや、よくわからん。
なんだかんだいって、この文書に書いてあるユダ像はとても面白そうです。ユダは同名のユダさんが洗礼名として人気がなくなるほどキリスト教世界では嫌われている人ですから。だからなんだろう、パラレル的な興味はあるかなとかそんな感じです。

なんだろう、改めて読み返すと自分が何を書きたいかよくわかりませんが、とりあえずフィリオクエ問題を強調してみたかっただけのような気がします。
とりあえずあれだ、4月末に刊行されるといううわさなので、機会があったらちょっと読んでみたいです。原語のままだったらお手上げですけども。ダヴィンチコードの勢いで和訳されないかな。無理かな。
とりあえずグノーシスとかそこのところは里奈さんが判りやすく書いてくれているような気がします。ていうかなんだ、かぶったよ。

◆参考
ナショナルジオグラフィック内特集
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://salmon.blog4.fc2.com/tb.php/331-d03deb2e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。