スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

Amor animi arbitrio sumitur, non ponitur.

2006.05.04
タイトルは気にしないでください。
ほんの気の迷いです。
それにしてもこの格言(?)、ネットに出回ってる訳は正直なんか違うと思うのですが・・・。

まあいいや。
今日はスーパー銭湯がパワーアップしたようなところに行ってきました。
普段を忘れて楽しもうというコンセプトで、帰りにドつぼにはまりました。
夜は人を悲観的にするそうで。その通りでした。
帰り道、なんとなくこのまま帰るのも微妙だなと思ってバールに寄ったのです。
そしたらどんどん暗い話になって、しかもそれが今に立脚しすぎていて、無意味に知らない世界に行きたくなりました。
本当に最近思うのですが、
無邪気にほとんど死語のラテン語を勉強して、
日本では対して流通もしていない聖書の勉強をして、
社会に貢献しそうにない神学やって、
さあオチはどうなるんでしょう。
神学、きっと現代社会でも生かそうと思えば生かせると思います。それこそ「心の時代」じゃないでしょうが、現代だから必要!って考え方もあるかもしれません。でも日本には生かす素地すらないように思えて仕方がありません。違う文化圏から来た宗教が、そのまま違う文化なってしまっているように感じています。
勉強はとても楽しいですよ。
楽しいからむなしいのです。
研究者や大学の教員になれたら最高なんですけどね。それも思うように行かなさそうです。はあ。

あれです。どうせモラトリアムの悩みです。若々しい悩みです。
後で見たらきっと笑える悩みなのかもしれませんが、意外と目の前にあるといっぱいいっぱいになってしまうのですよ。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://salmon.blog4.fc2.com/tb.php/357-901f7448
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。