スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

中学入試

2005.02.05
今日は私が行ってる学校の入試手伝いをしてきました。
なぜか中学入試の手伝いです。
小学生の頃って、自分では大きいつもりでも周りから見ると小さいもんだったんですね。お母さんとかと仲よさそうに来る小学生を見てなんだか懐かしくなりました。

ピリピリした雰囲気を予想していたのですが、そういう雰囲気だったのは父兄だけで(ロビーが怖かった!)、大半の子どもたちは昼休みにホッカイロでドッジボールだの廊下の升目(床の模様)何個分跳べるかの競争だのと、ハイテンションに遊びまわってました。3次試験だったからか余計にリラックスできたんだろうな。
普段は高校生であふれているような場所だったので、なんか学校がテーマパークになっているような気分でした。こんな雰囲気ならもっと通いたい。

私の担当はエントランス係だったのですが、これがなんとも言えない仕事でした。入り口で並んで「おはようございまーす」するだけです。あと道案内。でもそこら辺の仕事は「案内係」にとられました。私はなんなんだと思いながら営業スマイルもどき。
その上、登校時間と下校時間だけの仕事だったんで、あいだの待機時間がムダに長い。最初は久しぶりに会ったクラスメートとあれこれしゃべったりもしていましたが、すぐにネタがきれました。もう帰る頃にはみんな無言。
でもうれしいことに、配られた弁当はとても豪華でした。なんかおせち料理みたいな。
で、帰りの仕事は出口に並んで「おつかれさまでしたー」とか「さようならー」。こういうのってかける言葉に困ります。「おつかれさま」だとなんか偉そうだし、「さようなら」だとなんか縁起悪い。でも、たいして名案も浮かばなかったので、適当に上の二つを織り交ぜてみました。微妙な気持ちでしたが、こちらが挨拶すると「お疲れ様でした」といってくれる父兄の方や、「さようなら」と返してくれる子もたくさんいたので、なんか救われた気分になりました。

帰ってから妙に疲れました。
声を張り上げるような事が最近多かったせいで喉を壊したようです。変な声しか出ません。どうにかしなきゃマズそう。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://salmon.blog4.fc2.com/tb.php/4-6c572d2b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。