スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

セミがみーんみんみんみん

2006.07.31
今日もまたおーぺんなんちゃらで、歌ったり聴いたりしてきたわけです。
それでその後はコンパで、あーコンパコンパといった感じでした。

関係ないけどやっぱりヤンセンのテーマインクを集めたくなりました。
あざとい気もしますが、コレクター魂?をくすぐられます。
本国ではヘーゲルやらプッチーニもありますよ奥さん。
なんと教皇シリーズも。ただしこれはラベルが微妙。
現教皇がシルバーグレイでJP2がモミの葉色?
当たらずも遠からずかなあ。
それだけです。



最近の話題の流れからして、こういうのを書くのは微妙かもしれませんが、男になりたいなあと思います。
いや、そうだったらきっと今自体も変わっているでしょうけども。

もし男だったら、わりと真剣に司祭を目指していたかもしれません。
そもそも洗礼受けていないでしょとか、信仰あるのとか聞かれそうですが、結構まじめに考えてしまうわけです。
「ナントカって職に就きたい!」っていうのは、幾分理想を含んでいるように思えます。
今なら小学生のケーキ屋さんよりかは多少現実的にはなっているでしょうが、それでも若干の理想は含んでいるわけです。
それです。
微妙に理想化されたイエズス会の神父さんになりたいです。

うーん、書いてて痛いなあ。

なんだろう、話を聴いたり、いろいろ読んだりしていると羨ましくなるのです。
目一杯神学だの哲学だのの勉強をして、叙階されたらあちらこちらで仕事に就くとか。
このあちらこちらが非常に幅広いのにもいいなあと思ってしまうわけです。
別に行きたいところに行けなかったとしてもかまいません。
イエズス会じゃあないですが、わたしの知っている某神父さんも羨ましいです。
大学の先生で好きなことを教えて、研究のために旅行だのにどんどん行くような。
それで教区司祭だから、教会録も出るわけです。
うーん、理由が俗っぽい?
こういうのはダメだろうなあ。
嫌だ嫌だ。

第一の問題は、そこまで堅い信仰をもてるかということですね。
私の場合、どうも完璧に信じることなんてムリなような気がしますし、その中途半端な信仰に生活をあわせるのも不可能だと思います。
思考の基盤にすることは可能ですが、生活の基盤にするのは無理です。
色々と用事やらなにやらが重なって、そっちを優先して洗礼を受けられなかったのがいい証拠です。
これがよくないのはよくわかります。それで司祭なんてふざけているでしょう。
医師免許のない医者のようなものです。
これが第一で最大の問題です。
はあ。
別に信仰があったとしても、女性司祭叙階を求めるウーマンリヴなんかには参加しないでしょうがね。


あとなんだ、自分で言うのも難ですが、わたしは箱入りです。
やっぱり、女の子一人で自宅から400キロ以上離れたところには行っちゃいけないのです。
弟を見ると、男の子だったら100キロ離れても1000キロ離れても大丈夫みたいです。
それが微妙に羨ましい。
道端でねっころがっても安全でしょと。
襲われる可能性は低いし、殺される可能性も女性の場合と同程度な気がするのです。
そうすると男のほうが徳かもしれない。


男だったら女人禁制のアトスにも行けるんだよなあ。
行きたいなあアトス。アトス!


これくらいかな。
うーん、たいしたことなのかたいしたことじゃないのか。
とりあえず女の子は色々厄介な気がします。
バイトだのの時は微妙にでも化粧だの髪型だのに気を使わないといけないし。
髪の毛が多少伸びたりしても大丈夫で、髭も生えてこないのはお徳かな。それくらい?
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://salmon.blog4.fc2.com/tb.php/428-a9549ed8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。