スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

ユナイテッド93

2006.08.23
見る前はアメリカのプロパガンダ映画かと思っていましたが、テロ実行犯・乗客の両方に感情移入させる、わりに公平な映画だったのではないかと思います。
テロリストの逡巡だの緊張だのが肌で感じられましたし、乗客たちのそれも然りでした。
管制塔やらの連絡の行き来もすごい。
事態がどんどん深刻になっていく様子がスリリングでした。
あれだ、乗客乗員全員が亡くなった話ですから、管制塔は事実に基づいているとは言え、飛行機内の「情」の物語はほぼ虚構なんですよね。
よくわかりませんが、そこのところを考えるとなんだかドライな話です。
ふらふら揺れまくるカメラは、前半のアクションが少ない部分ではイライラしましたが、後半は非常に効果的だったのではないかと思います。
よくわかりませんけども。  

基本的に結末の分かっている話なので、最初の乗客の一挙一動に悲しくなりました。
乗客が祈るシーンがありましたが、それらがテロリストたちと同じ神にあてたものなのだなと思うと、無常感が一層増します。
娯楽的な作品としては楽しめないかなあ。

この映画を見た後、ワールドトレードセンターのCMを思い出して、ちょっと微妙な気分になりました。
なんだかあっちは安直かな。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://salmon.blog4.fc2.com/tb.php/447-7d69312e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。