スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

秩父一人旅

2006.10.14
chichibu.jpg


秩父に行ってきました。件の下見です。
金曜日の4限後すぐに電車に乗り、ついたのは7時半。
最初は帰宅ラッシュにまぎれていたのに、いつにまにかよくわからない雰囲気になっているのが不思議で面白かったです。だんだん人が減っていって、いつの間にか車両にいるのが自分だけになっているのです。そんなエキゾチック地方、秩父。よくわからん。

旅館に着いたときには8時をまわっていて、大きな食堂で一人ご飯でした。照明の具合から、自分がなにかの舞台に立っているようで怖かったです。
その後宿の人からごちゃごちゃと話を聞き、当日宿泊することになっている旅館の分館を見せてもらいました。築200年がウリとのことですが、中は改装してしまって、普通の綺麗な民家といった雰囲気。泊まる分には安心ですが、訪ねるだけだとちょっと物足りないです。しかしコンパをする場所に囲炉裏か。うーん。
こうしたことをごちゃごちゃとやり、11時に部屋に戻り、漫然と本を読みながらイカソーメンを地酒で食べ続けました。大きな袋だと食べきらないといけないのですよ、イカの場合。秩父錦美味しいなあ。
夜中に風呂に入ってみましたが、誰もいない大浴場は素敵ですね。

kiso.jpg


翌朝は宿の人に案内してもらって体験農場を見たり、馬を見たり、ロバを見たりと適当に楽しみました。鬣が輝いている馬をはじめてみました。あと木曽馬も見たのは初めて。ずんぐりしててかわいいですね。横のクォーターホースやらトロッター?とは人種が違います。奴らはテキサスな空気をまとっていて、それはそれでダンディズムを感じましたが、木曽馬はどことなく無骨でかっこいいのです。まあいいや。よい写真が取れませんでした。
疲れたなあと思いながら、一応十分に見てまわった感覚を得て帰路へ。
秩父の車窓から、なんとなく外を眺めていたらクレルヴォーを思い出しました。山と微妙な開発感、あと背の低い駅がなんとなくそんな感じです。もう一回行きたいなあ。
スポンサーサイト
コメント
馬かわいいよ馬ハァハァ
下見お疲れ様でしたー。
【2006/10/15 23:09】 URL | rin #t8g7jLEA
あのずんぐり感がとてもかわゆかったのですよへへへへ。
下見はそれなりに楽しかったですw
【2006/10/21 12:01】 URL | 塩鮭 #-
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://salmon.blog4.fc2.com/tb.php/482-4fb01f60
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。