スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

バクルスはぜんまいに似てる

2006.10.28
カテドラルで荘厳司教ミサでした。どうも東京カテドラルだと「荘厳」という感じがしません。個人の好みでしょうけども。
あれですね、荘厳にしようと思えばいくらでもできるのがカトリコだと思います。ですからフォークで散々砕けたものをやるなら、形式美を追求してみるものいいのではないかと思うのです。その美の中にもなにかあると思うのですよ。おバカな解釈をしないかぎり。あ、ちょっとギリギリなのかな。まあいいや。
ミサ自体が「死者にささげる」ものだったので、基本的にレクイエムでした。なんだかなじみのある曲があって嬉しかったのですが、拝領でディエス・イレが流れたのにはびっくり。もちろんグレゴリアンのあれですよ。そんな感じです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://salmon.blog4.fc2.com/tb.php/490-81f456b9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。