スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

年末に向けて

2006.12.02
最近いろいろとごちゃごちゃしていて、まあいろいろ勉強になったんじゃない?といった感じです。

そろそろクリスマスですが、シュトーレンを買ってみました。わりとまじめ待降節を楽しむ目論見です。あとムール貝を買い、相変わらず紫蘇のにおい消しで蒸してみましたが、季節のせいか身が小さすぎてビックリしました。本当に食べるところがない。あとカニさん率が低いのも残念。
こんな感じで食べてばかりです。
物好きな友人がHasslerのミサ曲とCherubiniのロ短調ミサの楽譜をくれました。ロ短調はともかく、ミサ曲はそれだけじゃちんぷんかんぷんです。Missa "Dixit Maria"の方はDixit Mariaを歌ったことがあるので主題だけはわかりますが、それでどうすればいいんだろうというかなんというか。隊室においておけば形になり・・・ますか? なんでしょう、今回についてはいろいろと外的要因が多すぎて、正直恨もうと思えばいくらでも恨めそうな気もします。しかし聖人ぶって言うわけではありませんが、どうも人が悪いとも思えず、強いて言えば臆病さとか説明下手とか認識の違いとか人生観の違いとか、なんだか人の本質にはあまりかかわらないような部分だけが強く出た結果のように思えるのです。よくわかりませんがね。とりあえず個人の本質が「説明下手」で言い尽くせるものじゃないし、そこをもってその人自体を嫌いになるのも無理な話なのです。恨むといったら対象くらいでしょうか。しかしそれができないのが弱いところ。それに今、マイナスの何かをだしたら止まらなくなりそうで怖いのです。ただパチンと切れたところもあるんですよ。

また、こういう事態になったら自分はどうなるんだろう?という興味もありました、しかし意外と言うかやっぱりというか、頭の中では自己憐憫と自己正当化の嵐で、それがなんとも面白くありませんでした。あとこういう風に自分を良く分からないところから観察している自分自身も嫌でした。

この点を身をもって体験できただけ、今回はよしとしなければいけないのかもしれません。
でもどうしましょうね。まだ未練たらたらですよ。肺が片一方だけになったような気分です。
書いてることがよくわかりませんね。深夜だからしょうがない。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://salmon.blog4.fc2.com/tb.php/508-fdf2f740
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。