スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

意外と本当に酔っ払ってるかもしれない

2006.12.30
なんとなくぼーっとしてるときにコレルリかなんかのクリスマス協奏曲だかなんだかを聞くと知らない世界に行ける気がします。そんな感じです。やっぱりね、歌謡曲よりも中毒性が高いですよ。よくわからん。

久々にオカリナを引っ張り出しました。モーツァルトのアヴェヴェルムを練習しています。選曲に深い動機はありません。ただ主旋律がC管で対応できる曲で、わかりやすかっただけです。手元に楽譜がたくさんあるのは便利です。たださすがにmortisのあたりEに上がると、オカリナ君も苦しそうです。とても親近感が沸きます。せめて笛くらいはソプラノを!と思うのですが、なんとなく愛着が湧くのは自分と同じ音域です。
笛とは意外と長い付き合いで、多分小学校の前半くらいからなんとなく吹いたりなんだりしている気がします。気がついたら近くにいました。しかし相変わらず指使いは我流で、ひどい時は途中で変調したりもします。真剣に吹いていたはずなのになぜか最後の音がちがったりするんですね。しょうがないよ、音感ないんだから。
真面目に付き合わなかったツケか。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://salmon.blog4.fc2.com/tb.php/524-7fe00d1a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。