スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

Felice anno nuovo!

2007.01.01
新年早々助務巫女をやってきました。
大晦日から今日の朝まで。
仕事は簡単で、お守りやらお札やらを売るだけなのですが、種類が多くて価格が覚えられずに困りました。氏子さん曰く、80種以上あるそうです。そんなになにに・・・まあいいや。
基本的に時間との話し合いでした。それこそ12時過ぎあたりは参詣客が非常に多く、なんだか大入り満員!みたいな妙なめでたさに包まれていました。本当にてんてこ舞い。ただ3時4時になってくると次第に客足も遠のき、一応間断なく人は来るものの、人手があまっているなあという感じでした。そうなると時間の経過が鈍くなるものです。後半は裏で商売繁盛の札を袋詰めしていました。ダースで纏められてるお札。100枚単位のお守り袋。「熊手大 緑」なんて書かれたダンボールがシュールでした。
とにかく足が痛かったです。草履が足に合わなくて苦労しました。寒さはそんなにたいしたことなかったかな。夜明けはしんどかったですけども。
あああと、変な人に執拗に写真を取られました。冗談じゃなく気色悪かったです。なんでああいうことができるのでしょうね。

とりあえず終わった後はイーストウッドの「硫黄島からの手紙」を見に行き、新年早々無性に厭世的な気分になりました。バロン西はかっこよかったし、映画としての出来もなかなかだとは思ったのですが、「出口はないよ」みたいな状況にうんざりしてしまいます。
最近なぜか戦争映画を見ると、勝手にイデオロギー臭を探し出してそれにぞーっとしてしまい、なにも楽しめずに終わってしまうことが多いです。とりあえず右も左も大嫌いです。

こんな感じです。
なかなか不思議な新年でした。

それでは皆様、本年もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://salmon.blog4.fc2.com/tb.php/526-d2694c4b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。