スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

かまってちゃんの流行り病

2007.02.17
件のコピー全集を利用して、チェーホフさんの「僧正」やら「殺人」やらをゲットしました。主婦の友社から出ているキリスト教文学の世界というシリーズなのですが、なんとなく目新しいアプローチからのチェーホフ論が面白いです。
しかし翻訳というのは本当に大切なものです。ぶっちゃけ「僧正」で萎えました。だってなあ・・・せめて主教って訳して欲しかったわ・・・。カルメル会~のカルメル会士に用語を聞きに言った、という心意気を見習って欲しいものです。これなら英語版読んだほうがマシなのかな。

シュヴァリエ、展開が怒涛のようで面白いですね。しかし毎回、あれで読まれる詩篇はどこの訳を利用しているのか気になります。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://salmon.blog4.fc2.com/tb.php/542-7ffd25d4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。