スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

聖木曜日

2007.04.05
というわけで聖木曜日でした。
また聖歌隊で、修道院の典礼に参加しました。
神父さんにかこまれての聖体拝領に無駄に緊張し、御血を口に含みすぎてちょっと喉にきてしまいました。
カリスが重過ぎます。

しかしこういう話はなんだ、やっぱり私にはどきつく感じてしまいますね。
こういうところに書くべきではないのかもしれませんけども。

しかしこう、書いてて性格悪いですが、とりあえず聖歌隊の一部が遅刻したり歌い手がどうのこうのでも、典礼自体が滞りなかったら全く問題ないのではないかと、私は思っているのです。

全体的に人の足音が大きすぎて辟易します。

合唱サークルであると同時に、その団体が奉仕している立場であるということの自覚は大切だとおもうのですけども。そうするとやっぱり奉仕している典礼が一番大切なのではないかと思います。ちょっと偏っているでしょうが、その場においてはサークル内の和とかは優先されるべきではない気もします。それを求めたらいけないんでしょうな。
どうも聖週間の空気だとそういう考えになってしまうのでしょうね。しょうがないや。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://salmon.blog4.fc2.com/tb.php/552-825a508b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。