スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

復活節第2主日

2005.04.02
今日は大学の履修説明会がありました。
なんだか楽しかったです。濃い人ばかりだし。

それから教会に行きました。
新しい神父様が来てました。
イタリアの方です。
前の神父様とは雰囲気がかなり違います。
なんだか小物も色々変り、あわれみの賛歌も歌になったりと、微妙なところがたくさん変化していました。
ですが最近大きい聖堂でのミサにばかり出ていたせいか、いつもの教会の聖堂がなんだか暖かく感じられました。

ローマ法王、危篤状態「死のふち」
 ローマ法王庁は1日夜(日本時間2日未明)、深刻な病状に陥ったローマ法王ヨハネ・パウロ2世(84)は、心臓と腎臓の機能が大幅に低下し、血圧、呼吸も弱まり容体が一層悪化したことを明らかにした。イタリアのANSA通信は医療関係者の話として、回復の望みはないと報道。法王庁幹部は「法王は死のふちにある」と話した。

回復を祈るよりも天国に無事に着くことを祈った方がいいのでしょうか。
読売新聞の記事にあった、「キリストは今夜にも天国の扉を開き、その門前には聖母マリアが待っているだろう」という大司教の言葉がとても印象的です。なんだか不思議な感じ。天国にいくのは本人にとってはとても幸せなことなんですよね。
でも本当に、一回でいいから会ってみたかった・・・・

しかもすでにこんなニュースまで入っているようで・・・
118番目の枢機卿で憶測 ローマ法王の後継者選び
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://salmon.blog4.fc2.com/tb.php/73-48b145b3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。