スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

ノート探しと授業2日目

2005.04.12
大学って、手が汚れますね。
別に比喩とかじゃなくて、本当に。
朝の電車でつり革つかんで、急いで教室まで行くともうその後90分は手を洗えず、それから次の教室へと移動だけして休み時間を終え、昼休みまでノンストップです。なんか小さい頃に公園で遊んでいたときを思い出しました。
中学・高校でここまで手が汚れたまま過ごすことは無かったと思います。
しかも今日は、なんだかごたごたしていて、家に帰るまで一回も手を洗いませんでした。トイレにも行ってなし。

授業を終わったあと、ちょっと都会にノートを探しに行きました。
ツバメノートを愛用しているのですが、最近見かけなくなりました。あの表紙のデザインとか紙の雰囲気とかは大好きなので、なんとしてもあれを使っていきたいのです。
都会の駅はすごいですね。人ばっかりです。しかもなんだか入り組んでいて、かなり迷いました。でもああいう人ばっかりの駅って、人が完全にいなくなったら絶対迷わないと思う。こう人がしゃかしゃか動いてるのに誤魔化されてる気がするんです。なんとなく。
しかも駅にはホームレスがいました。・・・なぜか香水のにおいを漂わせていました。なんとなく会釈されたのでしかえしました。ちょっと怖かった。
それから普段よく行く系列の文房具屋に行って、無いのを半分承知で「ツバメノートありますか?」と聞くと、本店まで電話して確認してくれました。でも本店にも無いそうで。どれだけマイナーなんだ。失礼を承知でほかの文房具屋の場所を聞いてみると、ハンズとロフトの場所を教えてくれました。店員さんは、半分ニヤニヤしながら「ああいう店にはツバメノートなんて置いてないと思いますがねえ」とか仰ってました。
対抗意識?
でもすごい丁寧に対応してくださったので、お礼を言ってから一応ハンズへ。
そこで普通に見つかりました。
なんとなく気が抜けて、ほかのコーナーをぶらぶら。
アクセサリーコーナーに、教会の売店で300円で売ってる十字架と同じものが、1470円で売られていました。
これってハンズが暴利を貪っているのか、それとも輸入している経由で値上がりしてしまっているのか。
どちらにしろ微妙な気分。
しかも結構売れてるし、十字架。
でもここで売っているおかげで、信心用具としての同じ商品が品薄になることはないからいいのかもしれませんね。需要と供給。
一瞬、自分で作ったロザリオをヤフオクで売りさばけるかなんて考えたことは内緒。

こんなことを書きながらも、最近自分の文具道楽が鼻についてきています。ここに書いてること以上の道楽をたまにやらかしてしまうのです。モールスキンとか。万年筆も。学生には贅沢すぎ。
しかも弟にも伝染してきています。彼もLAMYのシャーペンなんか使ってやがりますし、芯も無駄に高額です。中1なのに。
ハンズに向かう途中で、叔母からペリカンの万年筆を買うようにとプレゼントされたお金は教科書に使ってしまおうと考えました。
叔母には失礼かもしれませんが、バイトをして貯金してから同じものを買おうと思うのです。そっちのほうが後味いい。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://salmon.blog4.fc2.com/tb.php/84-f003271c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。