スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

新教皇選出に湧き立ちながらも、講義中に居眠り。

2005.04.20
うーん・・・ハバネロ植えたい・・・
土まで出しましたが・・・パッケージの言葉を見て思いとどまりました。

今日は講義中に寝てしまったんです。
「寝てる人はチェックしてますから」という先生と、目が合いました。最近眠い・・・。

新教皇選出
4月19日(火)午後6時過ぎ(日本時間20日午前1時過ぎ)にシスティーナ礼拝堂の煙突から白い煙が上がり、サンピエトロ大聖堂の鐘が鳴らされて、新教皇の選出が告げられました。
コンクラーベ開始2日目、午後の1回目(最初から数えて4回目)の投票による選出でした。
6時48分、サンピエトロ大聖堂バルコニーにヨゼフ・ラッツィンガー枢機卿が現れました。
新教皇はベネディクト16世を名乗ることが決まりました。


早っと思ってしまいました。某さんに「どのくらいかかると思う」と聞かれて、自信満々に「一週間」と答えた矢先でした。
決まったと聞いて早速色々調べたのですが…画像が出てきて第一印象、怖そう。服装が服装なんでしょうけど、なんか…魔王っぽい…。いや、服装のせいですよ。現にじっと見てると、口元とかが優しそうな感じがしてきたり。そんなところです。ほっぺたの感じが前のパパ様と似てるかも。
でもどうなんでしょうね。かなりの御高齢。先代のパパ様と同じ路線だそうで。保守派ですか。まだ女性司祭とかは許されませんか。いや、ただの嗜好としてのゲイはどうかと思ってるんですけど。あー、書いててわけ分からなくなってきた。まあいいや。
で、新しいパパ様。今日、聖書の周辺世界という講義の始めに先生が聞いてきました。
「16世じゃなくて、15世の方はいつのなにした人だ」
・・・とりあえずちゃんと調べましたよ。

ベネディクト15世
第258代ローマ教皇
俗名:Giacomo della Chiesa
1854年、ジェノヴァの貴族の家庭に生まれる。
聖庁国務長官となり、ボローニャ大司教を経て枢機卿へ。
1914年に59歳で法王に選出(ピオ10世のあと)。「教会法典」を発布する。
WWⅠ時は中立を貫いた和平工作を行い、1917年には各国に和平を提案するなど戦争終結のために尽力した。
また、大正天皇即位時(1916年)に親書を捧呈したり、カトリック元町教会に祭壇を寄贈したりもした。
ファチマで聖母が御出現した時の教皇もたしかこの方。
1922年に肺炎により逝去。

…いや、だからどうしたって感じですけどね…。
でもほら、なにかの参考にと言うことで。だって同じベネディクトじゃん!

◆参考
バチカンの公式ページ

歴代教皇一覧
wikipedia:ベネディクト16世について
クリスマス休戦
概略ローマ法王歴代史
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿











管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://salmon.blog4.fc2.com/tb.php/92-aaf48acf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。